文章テクニック

文法カンペキ。誤字脱字はない。適切な「てにをは」。

いくら文章がうまくて文体がキレイで読みやすくても
「伝えたいこと」がないと文章がおもしろくなりません。

伝えたいことはみんながもっている。
だからSNSで「シェア」がうまれたんだ。

「自分の伝えたいことを言ってくれている」

シェアする。

あなたがどうしても伝えたいことはなにか。
誰かが先に発信してしまったら悔しい思いをするくらい、あなたがもっているものは何?

文章テクニック

映画をみた。人と出会いおもしろい話を聞けた。
書きたいことがあります。伝えたいことがあります。
「これは自分だけ知っているのはもったいない!誰かに言おう!」

映画の感想、自分に起きた出来事はどのように書くとより相手に伝わりやすいんでしょう?

文章テクニック, マインド

ブログやnoteなどで文章を発信している人。
最初は調子よく書けるんだけど、だんだんしんどくなることありませんか?

身構えて書いてしまうと、どうしても文が硬くなってしまう。
文章構成を守らなくちゃ!最初は読者をひきつけないと!

だんだんと書くこと自体がイヤになってしまうかもしれません。

書きたいけど文章がニガテ。
そんな人にもおすすめの記事です。

文章テクニック

今、私が発信している媒体はこことnote、Facebook、Twitterです。

noteは文章の書き方についてをまとめています。
ここはプラス日常のことやnoteについての追記。
Facebookはイベント案内や思いつきで書いています。

「文章はおもてなし」と書いたんだけど最初は「サービス精神」って言葉だったんだよね。おもてなしって言葉がしっくり来たのでそちらを採用しました。言いたいことは同じなんだけれど、微妙なニュアンスの違い。

サービスって西洋的、おもてなしは日本的って感じがしませんか。

文章テクニック

文章を書く。どうやって書けば相手に自分のいいたいことは伝わるんだろう?たくさんの人に読んでもらうにはどう書けばいいんだろう?

私も常に考えます。気にしているつもりでもついつい余計なことを書いてしまう。

あなたは自分が書いた文に目指すゴールはありますか?

誰に何をなぜ伝えるのか

文章を書く意味。どのような文章でも目指すゴールは読み手の『行動』です。

自分が書きたいことは何か。
手を止めて具体的に考えてみましょう。

すべてにおいて文章が通る道は、『共感』です。
共感を過程にしてゴール『行動』を目指します。

あなたが書く文章は、

近況報告なのか。
自己表現なのか。
セールス(モノを売りたい・自分のイベントに参加してほしい)なのか。


『行動』はそれぞれ異なります。

近況報告の書き方

近況報告は、お友達向けです。
好きなように書きたいことを書いてください。

注意点はただの日記にしないこと。

そう。共感が必要です。

共感が生まれない日記的な文章は、報告書と変わりません。

たとえば美味しいハンバーガーを食べた記事。
あなたは「この美味しさを共有したい!シェアしたい!」そんな気持ちがあるはず。もしくはただの自慢。自慢はない?じゃあ共感してほしいよね。「おいしそ~」が欲しいキーワードだったり「そこの店に行ったことあるよ!おいしいよね~」が欲しい反応なわけです。「ハンバーガーは嫌いです」「あまり美味しそうじゃないですね」という反応は欲しいはずがない。

共感は同じ体験から生まれやすいもの。
ハンバーガーを食べたのなら、どこで食べたか。誰と食べたか。付け合わせはなにか。ハンバーガーはどんな見た目・味だったのか。何がどう美味しかったのか。焼き加減?肉汁?ソース?
詳しく説明すると、同じ(もしくは似たような)ハンバーガーを食べたことがある人は共感するのです。そんなハンバーガーを食べたい人も共感します。

「ハンバーガーを食べに行く」「自分も美味しいものを食べに行く」「書き手の人とご飯に行く」
読み手がそう思ってくれるのが日記の行動ゴールです。もちろん日記ですから実際に行動させなくてもいいのです。そう思われればあなたの文章は伝わっています。

自己表現の書き方

自己表現は、「自分はこんなことを思っている」「映画を観てこんな感想を持ちました」「書評」「起こった出来事からの発見・気づきの共有」「自分が感動した出来事」
自分という人間・思考を知ってもらい、共感をもとめ、心を動かすために書きます。

セールスは「買う」「参加する」というような、読み手が自ら購入したくなる文章です。

自己表現は読み手の心を動かす文章です。

ネットや本屋にあるライティングについて書かれた本は、ほとんどが「セールス」を対象としています。ビジネス書、自己啓発。本屋の棚にいくらでもあります。文章構成から記事のキャッチコピーの付け方。Google検索に好かれる文章など、ライティング技術=セールス技術というくらいあふれています。Facebookでもたびたびセールス文章講座の広告を見ますね。私も本は20冊以上を買って読みました。

セールスライティングはそちらに譲るとして、
では、自己表現をする場合はゴールってなんなんでしょう?

自己表現の文章は「感動」がゴール

読んでくれた人にこんなふうに思われるのが自己表現の目的です。

「私もそう思う!」
「すっごいわかるわぁ~」
「よくぞ言ってくれました!」
「そんな考え方って大好き♪」
「自分も何かやってみよう」
「こういう見方もあるのか!」
「感動した!」
「早速自分も取り入れてみよう」

自己を表現する文はこういった気持ちになってほしいとおもう書き手の願いがあります。

ゴールは、あなたの思いに共感・感動し読み手が行動すること。

たとえば、
「毎朝の習慣で出勤前に玄関掃除をしています。掃除をすると玄関がキレイになるのはもちろん、自分の心までスッキリします。心も玄関も夜にたまった汚れを掃除で浄化するのかな。素敵な気持ちのよい朝が今日も始まります」

あなたの気づき・思いは「掃除をすると心もスッキリする」ことです。
「確かにそうだ。自分もやってみよう」
そんな共感を与えられると読み手に伝わっています。

あなたの表現で相手の心に思いを届け動かすのが自己表現の文章です。

中には「誰もわかってくれなくても、私は自分の気づき・思いを表現する!」という人もいるでしょう。それでも「99人に嫌われても1人くらいはわかってほしいな・・・」という隠れた気持ちがある場合があります。

もう1つ。「誰にも理解されない自分」をまるっと受け入れてほしい気持ちです。
自分のことは理解しなくていいから、そんな自分をありのままで理解してほしい。
禅問答みたいですね。

・近況報告は好きなことに共感してもらえるように書く。

・セールスは共感し自ら購入するように書く。

・自己表現は共感され感動してもらうために書く。

ゴールが見えているとそこへ走れます。
ゴールがないとどこに走るのかわからず、あっちに行ったりこっちに行ったりです。しかも途中で違ったゴールが見つかりそこを目指して突っ走っちゃいます。

迷走した文章を見せられた人は「この人は何が言いたいんだろう」と余計な負担をかけてしまいます。
だから、迷わずにね。

文章テクニック

媒体によって記事の書き方はそれぞれ変えること。

SNSやブログ、noteなど様々な場所で文章を書いていると、どれも一緒の記事を書いてしまうことはありませんか?
SNSは気楽に書いて、ブログはしっかり書く。まじめな人ほど「ブログを更新しなきゃ!」って思い次のように行動します。

「SNSの内容をくわしくブログに書こう」

ここが落とし穴。これだとSNSだけでいい。ブログの読者がSNS友達向けならばそれでもいいです。
SNS友達だけじゃなく、いろんな人に見てほしいのなら以下のことを意識しましょう。
今からお伝えすることを知っておくとSNSとその他媒体で書く内容はガラリと変わります。

SNS以外の読者はあなたに興味がない

SNSと同じ調子でブログを書くとまったく、誰からも見向きもされません。脅しじゃなく事実なんです。
あたりまえといえばあたりまえですね。なぜでしょう。

読者はあなたに興味がないからです。

SNSは内部向け。
ブログやnoteは外部向け。

外部向けに公開する記事は、「読むことによって得られる読者へのメリット」が必要不可欠です。

著者に興味はないけれど・・・

・記事が役に立つ。

・読んでおもしろい。


・悩んでいたことの解決策が書いてある。

こんな記事はあなたに興味をもってもらわなくても読まれます。

自分でもそうじゃありませんか?

ネットにある記事は必要な情報だけ入手します。
検索して情報を集めます。
誰が書いているかなんて気にもしません。

外部向けに書くのなら読者に役立つ情報を必ず書く

これを意識するだけでも、記事はイキイキとします。
自分に置き換えてみてください。

自分が読んでおもしろい。
自分にとって役立つ記事。
自分の悩みが解決できることが書いてある。

読みたいでしょ?
外部向けにはそういう記事を自分が書けばいいのです。

書く時のポイントは、1つの記事だけで完結させること。

「詳しくは次回」「2つ目はまた書きます」「もっと役立つ情報はまたの機会に」だと忘れられます。あなたは読んでくれることを期待するんですけどね。そう甘くはありません。

「予告しておけば見てくれる・読んでくれるだろう」

期待通りにはいかないと思いましょう。あなたが有名人でないのであれば。

ある情報を知りたくて、検索して他の人のブログを見たとします。
そこに書いてある情報が完結していないと、「な~んだ・・・」って思いません?
待ちます?次の記事が更新されるまで待っていられますか?

それより違うサイトを探しにいくでしょう。

ファンの人が書いてあるブログなら読みますよね。
でもとおりすがりで偶然検索サイトで見つけたブログなら、ほとんどの場合再訪はしません。

とおりすがりの読者は、そんなにヒマじゃない。
興味は次々にうつるし浮気性です。

だから外部向けに書く場合は、しっかり読者へのメリットを掲示し解決させ1つの記事で完結しましょう。

ライティング講座

『読みたいことを、書けばいい』
ベストセラー本です。糸井重里さんのほぼ日で紹介されていました。ずっと気になっていたので発売日に即買った本です。

ライティング講座をはじめようと決めたキッカケになった本。
著者は元電通・フリーライター・青年実業家の田中泰延さん。
糸井重里さんが推薦されています。

まずタイトルから惹かれました。このタイトルだけでとても価値がある。何百万円もの値打ちじゃなかろうか。

この本を読んで救われた気分になります。そうだよね!めっちゃわかるわぁと読みながら嬉しくなったんですよね。
ただ「あれ?おれのと少し違うなぁ」と感じたのでライティング講座を開講したのです。私が動く理由は「ここは自分の得意分野なのに誰もやっていないなぁ」です。

共感・共通する部分ももちろん多いです。すごいシンプルに伝えてくれています。

・自分が読みたいものがないから自分で書く。

・バズる文章は狙って書けない。


・ほとんどの人が書いているのは随筆。


・事象と心象を書く。


・愛と敬意をもって書く。


・調べまくる。


・文章構成は起承転結でいい。

私はアプローチが異なります。

ポイントは3つ。

・自分がおもしろがり自分を喜ばせる文章が第一。

・読み手へのサービス精神。

・文章で自己表現をするのならめちゃくちゃ読み手を意識する。

恋愛でモテる話とおなじことを言っています。

・誰からも好かれるって不可能。大好きな人から好きになってもらうことがモテること。

・まずは自分を大好きに。自分のことを好きじゃないと、好きになってくれる人に失礼だ。

・人は自分のことばかり考えている。だから相手のことを優先で考えるくらいで実はちょうどいいバランス。「相思相愛」に「自分・己」という文字は含まれない。

・愛することだけが記憶に残る。

・自分で未来や理想をオープンに表現していると現実がついてくる。

ベースの考えが恋愛と同じ「モテるライティング講座」

私が講座で伝えているのは以下のことです。

「自分が読んでおもしろがり喜び、相手を楽しませ喜ばせる文章を目指す」

「好きなフレーズの言葉貯金をする。どうして自分はこのフレーズに惹かれたんだろう?それがあなたの好きな文で目指す文」

「文には読み手へのサービス精神を持つ」
※これは田中さんの本でも「徹底的に調べる、一次情報にあたる」と書いています。

「文体とリズム。読み手のパワーを奪わうのは読みにくい文」

「一般的な文章術はめんどくさい。めんどくさいから書きたいように書いてしまう。
自分の思い・気づきを表現したい、どうしても書きたいのならオルタナティブライティング(私の造語です。日本語でいうと代替文章術)」

「徹底的に推敲する。なぜ?読みやすい文は読まれる文だから」

「なぜ?と自分の文に問いまくるとわかりやすくなる」

「最強のストーリー展開。人は人が関わるエピソードで心が動く」

「エピソードは頭の中の映像を見たままに書く。それについて考えたことはエピソードの中に入れ込まず段落を変えて書く」

「思考が深くいく前に視点を変え浅くする。思考が深すぎると独りよがりの表現になっちゃうから。「自己表現(想い・気づき)とエピソード(出来事)を行ったり来たりして文章を書く」

「起承転結の間違った解釈。転は「反論」だけじゃないし起は「前置き」だけじゃない、結は「結論」だけでもない」

「破綻している文は時にとんでもない魅力になる」

読みたい文を書き、書きたい文を書き、自分を表現し、人に楽しんでもらえる。
その詳細を講座でお話ししています。
このブログでもお伝えしていきます。

ライティング講座

いきなり、作家でもない私が 「ライティング講座」をぶちあげてやっているじゃないですか。
私の活動を全然知らない友人にチラっと話したら

「なんでそんなことできるの?人来るの?」

って質問が返ってきました。うん、ごもっとも。
でも、みんなおもしろがって来てくれる。

ヤスがやるんだからちょっと行ってみよう。

主催者さんを知っているし行ってみよう。

ひすいこたろうさんと共著するってどんな人なんだ?!

1回ヤスには会ったことがあるし行ってみよう。

書き方って意識したことないけど気になるかも。

どんな理由にせよ お金を払って時間を使って来てくれるのがとてもうれしいのです。だから私が持っているスキルや知っている技術を惜しみなくお伝えできるんですよね。

全部出さないと新たな視点は得られない。出し惜しみは自分を狭くしていくって経験的に知っているから。
やるからには、自分の中で目指したいラインがあります。

文章のプロを超える

言うねぇ。昔から文章術に関してはかなりの時間を費やしました。本や講座、情報商材にいたるまで結構アンテナは張っていました。全部身に付けたとは言えないけれど、それなりに吸収はしてきました。ある意味では文章のプロに近い「知識」はあるんです。

今でもブログやSNSの記事で気になった表現、気に入った文があるとメモしちゃいます。人気記事もよく読みますし、ベストセラー本もやはり目を通します。なんで売れてんねやろう、なんでこれがバズるねんと。

「ヤスは文章の変態だ」と形容されたけど、その通りだと思う。

文章の書き方の本って、新聞社の人とか日本語の先生、有名ブロガー、月商〇億売り上げるセールスライターがよく書いているのです。

でも、本当のところはそういう本は読みたくない。

私は読みたいのではなく、書きたいんだから。

めちゃくちゃ参考になることは書いているのですよ。すごい勉強になる。それでも書いていくうちにどんどん忘れてしまうのです。

「おぉー!こんな風に書くのか。すげー!」

って思っても、本を横に置いておかないとすぐに忘れちゃう。でも書きながら本は見ない。だいたい本ってのは書く前に読んで知識を取り入れてから書くよね。つまりは知識としてある文章スキルがめんどくさくなるのです。

だからこそ、私は普段から気を付けることができるように、頭の片隅に置いておけるように、なるべくシンプルに、エッセンスを凝縮しているんです。

「そうだそうだ。こうやって書けばいいんだ」 って書きながら理解して、自分の文章でワクワクしてほしい。日本語がちょっとおかしくたって上手に伝わればそれでいい。

書く文が話し言葉っぽくても共感してもらえればいいんじゃない?
「綺麗な文章」よりも「おもしろくて魅力的な文章」を目指したいのです。

それがなにより私の読みたい文章だから。

文章テクニック

引き続き『モテるライティング講座』の内容を編集しています。

前回の講座をもっと深く丁寧に伝わるように練っております。基礎編の中で加えているのがコレ。

「なぜ?」

なぜ?がわかりやすい・惹きつける文章のポイントの1つです。なぜ?を問い続けると自分が書く文章が一気に読みやすく、わかりやすくなります。

普段の何気ないSNSの文章でも使えます。どういうことかというと、すんなり終わってしまっている文です。

楽しかった! ←なぜ?

また行きたい! ←なぜ?

とてもタメになる話を聞けました! ←なぜ?

ぜひお越しください。 ←なぜ?

この「なぜ?」に答える文を書き、そこからまたなぜ?と問いかけ続けます。

楽しかった! ←なぜ?

久々に友達と会えたから楽しかった! ←なぜ?

久々に会う友達とお互いの今とこれからのことをじっくり話せて楽しかった!

余計だな・しつこいなと自分が思う文なら最後に削ればいいから。
講演や講座の内容だとオープンにしちゃまずいこともあるけれど、感想だけなら理由は書けます。

なんで私はそう思うんだろう?と自分の文章にちょっと付け加えてあげると、読み手にとってわかりやすくなります。

サービス精神の文章ですね。サービス(S)して満足(M)させることができるか。「SMの法則」です。(名言セラピーのようこちゃんが恋愛話でよく言っていました。そっちの意味じゃないよ?)

相手のことなんてわからないけど、わからないなりに精一杯、できるだけ相手のことを考えます。 「わかりにくい文章かなあ」 と自分が思えば伝わっていませんし、伝わりません。

読んでくれる人へのサービス精神で補足を書くことが、よく言われる「読み手を意識して書く」です。

ちなみに私は、Sです。

ライティング講座

2017年頃だったかな。あるライティングセミナーに安くない金額を出して通っていました。自分がやっていたWEB通信販売で文章力が必要だったのです。

そこでは講師の先生から書き方を教わり、教えを元に2000文字以上の記事を書き、先生から添削されます。
ガンガンダメ出しをされ、結果、どんどん自信をなくしていくんですよね。やっぱり、プロの世界は厳しいんだなぁ〜。とへこんでいたのです。最後まで通いましたがその世界からは足が遠のきました。

今で言う「自己肯定」の真逆の世界です。先生から肯定してもらわないといけなかった。

時は流れ2019年。モテ名言セラピーの再販が決まり久々に自分の原稿の校正です。ひすいこたろうさんとようこちゃんの3人で、ただの校正なのにすごい盛り上がりました。

こんなに楽しいんだ・・・。

文章を書くのはやっぱり楽しいんだ。

そこで得た気づき。
自分がこれまでに蓄えた知識。
身に付けた技術。
大量の本から学んだこと。
自分で解釈し実際にやってみて効果があったこと。
ひすいさんやたくさんの文のプロの方の教え。

自分でさらに研究したことをお伝えするのが『モテるライティング講座』です。

ほら、おれも一応ひすいファミリーの端くれだからさ、バズる記事の書き方とか、人の心を動かす悪魔の文章術とか、テクニックメインのようなことは根っこに置かないんですよ。

「モテる」って講座タイトルの枕詞につけた限りは想いがあるのです。

例えば絵を描く趣味があるじゃない?どんどん上達すればめちゃくちゃ嬉しいよね。書道とかでもそうだと思う。

文章もほんとはそうなんだよ。

上手に書けたら、嬉しい。それだけでいいんだ。
そんな文章が結果、バズるから。

第一回の受講者さんは、おれに記事を読まれるとビビるっていうけど、そんなことないからね。おれ好みの添削なんてしないから。

「ヤスがわたしの記事を読むのってストーカーされてるみたいで怖い」

・・・。

おれのイメージどんなんやねんっ!みんな友達の記事は読むじゃないか!

ま、まあ、ともかく。 言葉のチカラはすごいのです。それをめちゃくちゃ楽しく嬉しく表現する方法が『モテるライティング講座』なんだよね。第一回講座から得たものを踏まえて、もっと自分の思考を整理してお伝えしますね。