おすすめ, イベント

人びとは幸福で満足そう。

日の生活が時の流れにのってなめらかにながれていくように何とか工夫しているし、現在の官能的な楽しみと煩いのない気楽さの潮に押し流されてゆくことに満足している。

誰の顔にも陽気な性格の特徴である幸福感、満足感、そして機嫌の良さがありありと表れていて、その場の雰囲気にぴったりと融けあう。彼らは何か目新しく素敵な眺めに出会うか、森や野原で物珍しいものを見つけてじっと感心して眺めている時以外は、絶えず喋り続け、笑いこけている。

人々の表情が「みな落着いた満足」。

この民族は笑い上戸で心の底まで陽気である。

ここの人たちほど愉快になり易い人種は殆どあるまい。良いにせよ悪いにせよ、どんな冗談でも笑いこける。そして子供のように、笑い始めたとなると、理由もなく笑い続けるのである。


とある国を外国人が見たレポートです。
この国の人なら毎日楽しそうだし、笑顔があふれているんだろうな。
って考えてたら、これ、日本だったのです。

今じゃありません。

江戸時代の日本です。

今の教育は旧時代の社会構造に合わせて作られたものです。
与えられた任務を正確にこなし、迅速に対応する能力をもつ人材を育てる教育。
トップがいる組織で、トップを支える人材を育成するための教育です。

旧時代には必要でした。
国や社会が発展するために欠かせない構造でした。
そして今、このシステムから離脱する人はすべて「負け組」と呼ばれています。

みなさんも気づいているでしょう。

いびつな世の中になってきています。
システムから離脱した人たちが生きにくくなっています。
悲惨な犯罪が増えています。

時代が変わってきています。すでに変わっています。

「あれ、なんか今までの価値観が通用しない」

「お金は何億も欲しいんだけど、そのお金を手に入れてどうしよう」

「あの人は好きなこと出来ていいな。自分にはとても・・・」

「好きなことって、自分が子どもの頃はなんだったんだろう」

「本を読んだり講演を聴いても、その時はいいけどモチベーションが続かない」

良いか、悪いか。
善か、悪か。
勝ち組か、負け組か。
ポジティブか、ネガティブか。
モテるか、モテないか。
金持ちか、貧乏か。
夢があるか、夢がないか。
目標があるか、目標がないか。

日本人は本来もっと自由で、もっと縛られないのに
白黒ハッキリすることが正しい世の中になってしまいました。

「どちらでもない」

「どちらでもよい」

就職活動の個人適正検査。

「どちらでもない」と答えると点数が低かったのを覚えていますか?

あれが組織的思考です。

いいんです。ほんとうにどっちでもよいんだもの。
それこそが自由。

ただし、ここに1つだけポイントがありました。

「楽しければ」どっちでもいい。

あいまいな日本人は、楽しいことが好きなんです。
役に立とうが立つまいが、お金を稼げなくても、たとえしんどくても、楽しいことが大好きなんです。

女性は気づいています。
アート教室や料理教室をやったり自分自身を認める講座を開いたりして、仲間でわいわいして楽しんでます。

一部の男性も
心のこと、自分自身の大切さ、やりたいことをやる楽しさ、本来の男女関係のことを発信しています。

でもまだまだです。

「そんなことに力を入れても稼げないでしょ?」

「もっとこうやれば稼げるよ?」

「それが何の役に立つの?」

「同じ時間をバイトでもしてたほうがいいんじゃない?」

まだ、そういう世の中なんです。
これが明治維新以降に広まった価値観です。
資本主義社会です。

だから、楽しさに戻ろう。楽しいことを思い出そう。

元々持っていたんだから大丈夫。

縄文時代はさすがに遠いから、せめて江戸時代に帰ろう。

江戸時代は、織田信長から豊臣秀吉に続き、徳川家康が
国民すべてが心地よく楽しく豊かな社会を実現するために作った社会です。
だからあんなに長い期間続いたのです。戦争もありません。

後世ではいろいろ伝えられています。
楽市楽座、刀狩り、太閤検地、関所の撤廃、撰銭令、参勤交代などなど。
すべては将軍のためじゃなく、国民がより良く過ごすための政策です。
一見そうは思えないことでもそうでした。

今の社会システムに合わないものは変えられて伝えられているでしょう。

歴史は常に勝者が伝えます。

江戸の文化は、現在日本が世界に誇るCool JAPANの元です。

芸術、娯楽、生活習慣。人が楽しく笑顔で過ごせる文化を発展させてきました。

お芝居、落語、お祭り、パレード、盆踊り、遊び。
今の娯楽やバラエティ番組はすべて江戸時代からの派生です。

身分差別がひどい時代なら、こんなに楽しめますか?

年貢が厳しいと、遊ぶ余裕がありますか?

男女差別があったのなら、芸術文化は発展していますか?

庶民の生活、働く時間は昼過ぎまででした。
あとは芝居を見たりやりたいことをやって遊んでいたそうです。

習った歴史と私が調べた文化にはズレがあるんです。

ちょっと過激な意見をいいます。
先に断っておきますが、私は女性寄りです。

女性差別は、近世のイデオロギーです。
「女性も社会進出を!男女平等な世の中を!!」

もちろんそうです。男が上、女が下、なんてことはありません。
女性も前に出たい人はどんどん出ていくのがいいんです。

でも、本当に女性は全員、組織で活躍したいのでしょうか。
バリバリ働くキャリアウーマンになりたいのでしょうか。

これ、得をするのは誰なんでしょう。

女性が社会進出をすると、労働力が上がります。
男性だけの労働力よりも、女性が加わると単純に倍になります。
労働力が上がると、企業が潤います。

それだけの理由です。
報酬は、お金。

今の社会は男性が作り上げた組織・ルールだから女性は必然的に苦労するんです。
結果、婦人科系の病気になったり精神を蝕まれたりします。

だから自分自身を見つめ直したり、自分を大事にする考え。あなたはあなたでいい。あるいはスピリチュアルに惹かれるんです。

それが良い悪いではなく、居心地がいいんです。本来の自分に戻りたいんですから。

合わないんです。男性ルールに女性は。

ちょっと日常でも考えてもらうとわかるのですが、
会話してても、男性は勝ち負けにこだわるし、すぐに比べる。競争したがる。勝ちたがる。自慢するし、どうでもいいコレクションをしたりする。 褒められるの好きだし、会話も論理を好む。女性の話のあとに「だから何?」って言ってくるあれです。

そんな男性ルールに女性が合わせるのは、苦痛でしょう。
苦痛じゃない人、合わせられる女性が力を発揮しているのが、今です。

江戸時代の教育は、
男性は武道、算術、学問。
女性は三味線、琴、踊り、習字。
読み書きは男女共通でした。

資本主義的思考だと、「女性にも学ぶ機会を与えるべきだ!」となるのでしょう。
違います。
歌や踊りが楽しいからするんです。剣道が好きな女性は剣道をしていました。好きなことをしていたんです。
また、それを職業に出来る場が今とは比較にならないくらい、たくさんあったんです。女性が自分らしく活躍できる場は用意されていたのです。

明治維新ですべてひっくり返りました。
このときに活躍したのが今の政治家の出身地の人たちです。

今の教育はすべて大学合格のため。男女共通。
それは教育ではなく、訓練。
組織に所属し労働力にするためです。
旧時代と変わっていませんから、何も。

明治維新が悪で江戸時代が善と言っているわけではありません。
もう、旧時代のままじゃ楽しくないよ。新時代に歪みが出てきているよ。ということなんです。

男性がやりたいことをして
女性がやりたいことをして
お互いがお互いの良さを引き出す。

依存でもどちらが上でもありません。

お金を稼げるのがエライ。
お金を稼げないのはムダ。

新時代に合わなくなりました。

少しずつ変わり始めています。

組織の社会から「個」の社会へ。

クラウドファンディングがいい例でしょう。
メルカリ、minne、Youtube・・・「個」が活躍する時代です。

「個」を適当に扱う企業・会社は今後淘汰されていくでしょう。

そこに加え加速したいのが男女関係。
男女関係をよりよくすると、必ず世界が変わります。

愛が循環する笑顔あふれる世界。

私が考える恋愛。
目の前の人を笑顔にし、好きな人に好きになってもらう。
男は女性を笑顔にしたらモテるんです。
女性に限らず人からモテます。

恋愛は一人では出来ません。
相手がいります。

気づいている男性は、一部です。

気づいていないと女性をモノとして考え
恋愛テクニックを追い求めてしまいます。
それをなくしたい。

男性は女性が笑顔になることでより輝きます。

女性は自分が輝くことで男性をより輝かせます。

ヤスは恋愛。モテることで楽しむことを伝えます。
YUKAは自分自身(自分自信)。自分勝手に生きて楽しむことを伝えます。

それをやってきた二人なんです。
二人の話を聞いてみてください。

2人のトーク配信「LOVEサイエンス」

楽しんでリアルのみんなとコミュニケーションする「ラ部活」

自分の良い感情・悪い感情をおもいっきり言葉にしてぶつける「YO!ラップで自己表現」

ヤスのトークライブ「Loveサークル」

今後いろいろやっていきます。

すべての根底にあるのは「楽しむこと」。

楽しむためなら、苦労を苦労だって思いません。
今の私たちです。楽しんでやっていますから。

楽しむことで笑顔があふれる世界になることを信じています。

刷り込まれた価値観をひっくり返すのはなかなか容易ではありません。
一人ではできません。

まずは楽しむことです。毎日「あー、しわあせ!」って思って過ごす。

そのコンセプトを具現化したのが「ラ部活」です。
楽しむ飲み会。コミュニケーションして笑い合う。

参加ハードルをなるべく下げて、はじめての男性でも来やすい雰囲気にします。
ヤスとYUKAが人見知りなので、そんな人も歓迎します。

さすがにそれだけでは参加しにくいでしょうから、
参加資格は「LOVEサイエンス」を聴いてくれた人にします。

「楽しくて、なんだかいろんなことが軽くなった気がします!」

「参加出来てよかったです♪めっちゃ楽しかったです」

「想いにめっちゃ共感する!全力で応援するから!」

「ヤスさんが人見知りだと知って、人見知りの私でも参加していいんだって思って来ました」

「いろんなことを話したり聞いたりしながら、純粋に話せて聞いてが安心できる場があることってありがたいし、しわあせって思った」

ラ部活に参加してくれた方の感想です。

ラ部活の参加者は、部員です。

ラ部員。Love In.~愛の中へ。

実際に会って、パソコンやスマホの中だけじゃなく
お互い一人の人としてコミュニケーションします。
会話の中からイベントはうまれていきます。

共感してくれる人、手伝ってくれる人、いっしょになって楽しんでくれる人。
私たちが考える「令和BAKUFU」を応援してくれませんか?

出会い, イベント

おれが一人で恋愛関係のことを話すと、どうしても話が男寄りになる。仕方ないよね。おれが男だから意識せずともそうなる。いくら女性の気持ちを汲み取ったって、やっぱりそこには男女の微妙な食い違いがあるし、誤解もされやすい。「女性はわからん!」って本にも書いたくらいだから。

ずーっと、考えてきてたことなんだよね。
なんとかならないもんか。女装しても意味はないからなぁ。

女性に対しては、
男はこういう風にされるとうれしいよ。
こんな感じで接してもらえたらよろこぶよ。

男性に対しては、
おれはこうやってきたよ。
こんなふうに考えてきたよ。

もっと突っ込んだ、女性が知らずに隠してしまっている本質の部分はさすがに話せない。だって、わかんないんだもの。
おれの話も、女性の本音はどうなのかわかんない。

おれが気を使わなくて、伝えたいことが同じで、言いたいことをわかって、わかってくれて、向かうところが同じで、お互いに補完しあって成長していける、アホな話でも盛り上がってくれる、女性視点から話せる人いないかなぁってボンヤリと考えていた。条件は厳しすぎるよね。

そしたら、とんでもない偶然が重なり現れてくれました。表現は「現れた」がしっくりくる。

旧友。10年ぶりくらいに再会した友です。
今回の出版や今までの交友関係から全く違うところから出会えました。
「なにこれ?」って思ったもん。

10年前の最初の出会いもさ、その時すごい惹かれたのよね。容姿とかじゃなく、考えとか思ってることとかやってることに。あと雰囲気。いっしょにいて楽しくておもしろい人なんです。面白いこと言って笑わせるとかじゃなく魅力的でおもしろい人。

まったくこれまで連絡をとらなかったのに、このタイミングで再び出会える。
誤解がうまれそうな言い方だと「大いなる存在はおれに何をさせたいんだ」。こう思っちゃうよね、生まれてはじめてね。

再会して話したら、とんでもない経験をしてきてて。
密度が濃い人生を送ってきてたんです。いい意味でハチャメチャ。
人が経験できる一番つらいことも経験していた。
再会の時、3時間くらい話したのかな。この話で講演会できるって思ったもん。
濃いわっ!って。録音しときゃよかった。このときはただ会って話してただけ。

このときの会話でおれも励まされたし、おもいっきり言いたいこと、やりたいことをやろう!ってすんなり思えた。ほんとスットーンって感じでハマったんだ。

目指す方向。熱量が同じ。
アプローチ方法は違うけどベクトルは同じ。これすごい重要。
うわ!現れた!!

提案されたのが「ヤスのサポートをしたい」ということ。
もちろんうれしかった。すごい味方ができたと思ったから。

おれが本当に望んだのは、いっしょに何かやりたい。
おれだけじゃなく、いっしょに、大事なことを伝えて欲しい。
二人でやりとりしながら、伝えたい。そして何より楽しみたい。

問題は、この友は人見知りだし人の好き嫌いがハッキリしてるんだ。
あまり前に出たがらず、みんなをまとめて場を作るのが得意。そしてネクラだ!(おれも人見知り好き嫌い激しいネクラだけど)
そこが気の合う部分でもあるんだけどね。
でも女性としても、とても魅力的です。
(読んでるかもしれないから上げておこう)

強くは誘えなかった。誘って断られるのがイヤとかじゃなくて、友が笑顔になれないとおれが楽しくないから。なんとか二人の話を上手に一人で伝えていこうかな。って思ってた矢先、「これからいっしょに発信していきたい、ヤスのチカラを借りたい、手伝って欲しい」と、まさかの相手からオファーを受けまして、LOVEサイエンスが始まりました。

心から願った男女コンビ。
そして、二人トークの配信が決定。対談とかインタビュー形式とは違って、ほんと二人で話してます。友だち同士だからカタくはならない。
まもなく案内できます。

最近の自分を取り巻く環境には驚くばかり。
まわりのおかげで楽しませてもらってます。

今日も来てくれてありがとうございます。
一人より二人。二人よりたくさん。楽しませたい人がいるとおもしろいことが起こる。
ヤスでした。

恋愛テクニック, 男性向け, 女性向け, パワースマイル, イベント

ちょいスピリチュアルが入るけど、おれは無宗教です、あしからず。
どうしてもひっかかったから、想いをオープンにします。
気に入ったらシェアお願いします。

日本神話の岩戸開きのおはなし。知ってる?
雑にあらすじ。調べないで書くので細かい部分は「それ違うから!」とツッコミいれずによろしくぅぅぅ!大筋は合ってるはず。

天照大神が弟のスサノオノミコトのハチャメチャさをキッカケに天の岩戸に引きこもりました。
太陽神である天照大神がこもると、世界は闇に支配されてしまい、八百万の神は大慌て。

なんとか出てきてもらおうと神様会議。
よし、これだ!

八百万の神たちはなんと岩戸の前で大騒ぎの大宴会。アメノウズメは裸踊りまで披露。すっぽんぽんでモザイク入れないとダメな部分まで晒しちゃって、またそれを見て他の神たちも大笑い。あっはっは!!!えらい部分まで見せてんなー!

「私がいない、世界は闇一色なのに何を笑って何が楽しいんだ」
と気になった天照大神は、こっそり様子を見に出てくる。

「あ!ほら、見てください。こんな素晴らしい神様が現れたんですよ!あっはっは!」

そう言いながら神たちは、八咫鏡(やたのかがみ)を見せてくる。
あまりよく見えなかった天照大神は、天戸からグイっと身を乗り出し、しっかり見てみると、そこには本当に素晴らしい神様がいた。

それは鏡に写った、自分自身。
天照大神の顔には満面の笑みが戻り、再び世界に光が戻りました。


八咫鏡(やたのかがみ)は三種の神器ですね。伊勢神宮の御神体。
鏡にうつるのは自分自身。輝いているのは自分。そこに気づこう!
ここまでは他の方の解釈で見ました。おれの視点は「まわり」のほうです。

令和の時代は岩戸開きの時代だと耳にしました。
「平成」の「平」を漢字分解すると、一(い) 八(わ) 十(と)。
まさしく今が闇に包まれた世界を開放する時代なんですって。

おれは確信を得ました。

笑顔。笑顔にさせる。笑わせる。笑う。笑ってもらう。
自分だけじゃない。チームの時代なんだ。八百万の神様がチームプレイで笑わせたように。
まわりの笑顔にさせると、あなたが輝きます。あなたは本来の輝きに気づけます。
自分自身の輝きに気づけると、あなたの世界は光に包まれます。

あなたは大事な人なんです。
その他大勢じゃないんです。

あなたの目の前の人は大事な人なんです。
その他大勢じゃないんです。
大事じゃないと思っている人も大事な人です。

全ての鍵は、まわりの笑顔。

笑おう。笑わせよう。笑顔になろう!

あなたがまわりを笑顔にすると、あなたは笑顔になれます。
笑顔にさせてくれるのを待ってちゃダメよ。
どんどん笑顔にさせちゃえ!
笑わせるのに特別なことはしなくていいじゃない。神様なんか裸踊りまでやるくらいだし、自分の出来ることをやればいい。笑顔でね。

みんなができることを精一杯やって、楽しくすればいい。なればいい。
うん、裸踊りの神様はそれが精一杯できることだったんだろうね!

笑顔にさせてくれる人。
そんなひと、好かれるに決まってるやーん。モテるやーん。
そんなひとと、いっしょにいたいやーん。

おれは笑顔をモテることに捧げました。
みんなは何をしたいですか。モテたい、やりたいこと、夢、そこに笑顔をのっけませんか。

巷に溢れる笑顔がない恋愛テクニックをつかった付き合いは、
付き合ったあとで長続きしません。それは寂しい。

「あの子の笑顔が見たいから」
おれの根底にあるのは、それです。

Loveサークルは、おれがメインに経験談やいろんな話をしながら
「なにやってんのか知らないけど、なんか楽しそうだな~」
って人を巻き込みながら楽しむ会です。とりあえず今は飲み会です笑。
ゆるいねぇ~。でも濃いよ?

「なんか知らないけど楽しそうだから参加しました」で全然OK。
「講演会はちょっと敷居が高いけど、これなら行けそう」
もちろんモテたい人もウエルカム。人に好かれたい人もおいでください。
おれに会ってみたいって人も、いればどうぞ!

モテたい人はモテるでしょう。
仕事に好かれたい人は好かれます。
夢がある人は笑顔で突っ走れます。

男性は女性を笑顔にさせて笑顔になれます。
女性は男性を笑顔にさせて笑顔になれます。

男性と女性。それぞれに役割がありどちらも大切。

Loveサークル。令和。新時代。
いっしょにこれから楽しみましょーね。

今日も来てくれてありがとうございます。
つらつらと書いたけど、笑顔サイコー!ってことね。
ヤスでした。

男性向け, 女性向け, パワースマイル, イベント

第1回Loveサークルのイベントが無事開催でき、大成功で終えました。
ありがとうございました!

このイベントは私、ヤスの経験を元にしたお話をみなさんに伝え、人に好かれる、応援される、モテるようになってもらう集まりです。もっとぶっちゃけるとヤスと遊ぼう会。ここに書いてるような話をね、ワイワイやりながらします。
初回は飲み屋でやったからね。飲むのが好きなのです。

2回目以降の参加からでももちろん大丈夫です。Facebookで告知していきますので、「講演会とかはちょっとな~」って思ってる方にも来てもらえれば。ただ人と楽しく飲むのが好きな方もぜひ。Facebookは友達申請受け付けています。

ありがたいことに、おれの話を広めたいって共感してもらえる人が3名もいまして、イベントの主催をお任せできました。ありがたいよね。

テーマは『笑顔』。

男性は女性に笑顔になってもらえてしあわせです。
女性は男性に笑顔になってもらえてしあわせです。

笑顔、喜んでもらえてうれしいのは、人の本能でしょう。
おれも笑顔のおかげなんです。本を出させてもらったり、サークルを開催してもらったりね。いいもの食べさせてもらったり。だからおれの経験をみんなに分かち合いたい。

笑顔になれない状況もあるよね。落ち込んだり、悩んだりね。
もちろん悩んでいいし落ち込んでいい。そりゃあそういう時はあるもの。ないとおかしい。
だからこそそんなときでも、絶対笑顔は忘れちゃいけない。特に人と接する時は。そういう状況のときは悪いほうへ悪いほうにね、ほっとくともってかれちゃうから。愚痴とか言っちゃうよね。知らないうちに闇に包まれてしまう。

せっかくさ、相手はあなたに会ってくれてるんだから言葉も顔も雰囲気も良くしようよ。

このサークルで、わー!って笑って。笑顔になって。なにか得るものを1つでも持って帰ってもらえればな。

サークルっていっても月会費とかはありません。1回ずつの参加費です。

Loveサークル。
Loveはラブ。テニスで0のこと。レイ。
サークル。輪。和。

Loveサークルは令和です。
人とのつながりで新時代を楽しみましょう!

主催の桜花りみさんからの参加者特典プレゼント!

今日も来てくれてありがとうございます。
人を楽しませるにはまず自分からね。
ヤスでした。
※以下は主催者様のブログです。

トラとウサギの茶飯事 主催者さんのブログ

筆文字で才能開花♡魔法のレッスン♡ 主催者さんのブログ