マインド, 自己紹介トーク, 男性向け, 女性向け

欠点だらけのおれ。

方向音痴だ。お店に入って出るとどちらから来たのかわからない。
しかも性格が自信満々なもんだから、数名で歩いていたら先頭を歩き、道を間違う。

自信満々な性格も困ったもんだ。

偉そうとか言われることがあるし思われる。
下手に出ても、そう思われない。
ある学校で講演したら、あとで上司から「教祖か!」と叱られた。おれは煽るらしい。

昔の自分はビビリだった。

怖がり。

心配性。

自分が傷つくのを恐れ、人を傷つけるのも恐れた。

人が自分から離れることが、何よりも怖かった。
いじめられた経験からだろうね。

自分が常に間違ってると思ってきた。

自分の意見は人に否定されるとすぐ変えた。

なにもしていなくても、すぐに謝った。

自分を必要以上に下にみて、自分以外の人は全員すごいと思っていた。
今は必要以上に下には自分を見ないけど、まわりの人はすごいと思うのはいっしょ。

多数決では、後出しで多い方に手を上げていた。

友だちの顔色ばかり気にしていた。

体育祭や運動会でも、運動音痴なおれが出場してみんなに迷惑がかかるのなら、休んだ。

争いは避け、自分が我慢すれば丸く収まるのなら何を言われても何をされても我慢した。

自分が楽しくなくても、まわりが楽しいならそれでいいと思った。

おれが行動して誰かを不快にさせる恐れがあるのなら行動しなかった。

いつもニコニコ。楽しくなくても笑っていた。

自己犠牲だ。

本来の言葉の意味は違うかもしれないが、そんなニュアンスのやつだ。

今あげたようなことを「おれ、こんなやつだったんだよ~」って今の友だちに言うと、盛りすぎ!って言われてしまう。まだ隠しているくらいだから、盛ってはいないんだけどね。

こんな過去があるから同窓会は苦手だ。

大学生のときに中学の同窓会に行ったら、おれの変わりようにみんなビックリして、おれも「あぁ、こんなもんか」と軽くはなったんだけどね。苦手だ、やっぱり。

おれが変わったのは、変われたのは、

親・家族からの愛に気づいたこと。

そして、おれの「素」を認めて受け入れて愛してくれた女の人たちのおかげです。

自分を認め、自分を大事にして、自分が楽しむ。

教えてくれたのは、女の人です。

今日も来てくれてありがとうございます。
おれは女の人が大好きなんです。
ヤスでした。

出会い, マインド, 自己紹介トーク, 男性向け, 女性向け

「ヤスは順風満帆っぽくていいよね」と言われちゃいました。あれ?そう見える?
いきなり出てきて、出版に関わって、作家さんとか人気講演者さんと関わって、YouTubeやラジオに出たりしてすっごい楽しそうだし、なんの障害もなさそう。

うん。おれはついてるなぁとは思うし、しあわせやなぁって思います。
思っているし、実際そうです。

でもね、おれには10年のブランクがある。
最初の出版が10年前。そのあとにね、いろいろあったし、色々やってたのよ。

パワーストーンブレスレットの販売。
占い師。
情報ビジネス。
転売ビジネス。
ブログの運営。

今も趣味で続いてるのはパワーストーンブレスレット作成くらいかな。
自分のためなんで作成のみでブレスレットの販売は休止中。

順調だったか?と聞かれれば、全然そんなことはありません。
ホリエモンに相談したら「情報ビジネスなんてやめとけ」と切り捨てられました。まぁ、副業スキルは身についたけども。

そのときに身につけたスキルは今でも役立っている。これは間違いない。
簡単なWEBページは作れる。ネット通販のスキルもある。文章もずっと書いてきたわけだから、1000字以上でも苦なく書ける。ライティングの勉強もした。コピーライティングも学んだ。セールスライティングも学んだ。占いの勉強もした。古典文学も読んだ。海外の恋愛本を原著で読むため英語も勉強した。恋愛本なんて買って読んだあと捨てないと置き場に困るくらい読んだ。全部残していて本棚を誰かに見られたら「どれだけモテたいねん!」と思われることは間違いない。

いろいろやってきてどれも頭を打ってきたんだ。続かない。やりがいが欲しい。お金が欲しい。求められたい。認められたい。思いだけが先行し、はっきり言って楽しくなかった。焦りだけがあった。家族と過ごしている時だけ、癒やされた。この時に家族がいなければ本当に辛かったろう。

家族といるのは楽しい。
幼稚園の送り迎えに行ったり、行事に参加したり。家族旅行、習い事、子どもイベント。いっぱい子どもに遊んでもらった。もちろん今も。

下の子の幼稚園の送り迎えの最後の日。夜カミさんに「もうこれで送り迎えも最後なんかー」と話してたらポロポロ涙出てきてさ、泣きながら飲んでたもん。子どもの成長がうれしいのとちょっと寂しいのと、またおれの居場所がなくなると思ったんだろうね。すごい複雑な感情だったのは覚えてる。

自分自信のやることは楽しくなかった。

ちょうど子どもに手がかからなくなってきたので、時間が出来た。
講演会を見つけ10年ぶりに足を運んだ。
心のあり方。モノの見方と言えば、ひすいこたろうだ。

ひすいさんの伝えていること。芯は全然ブレていなかった。ずっと居てくれた。そこにすごい安心したんだ。

きちんと自分がやりたいこと、伝えたいことを続ければいい。
それを楽しめばいい。焦るな。そんなことを感じ取れた講演会だった。

自分のやりたいことをしよう。お金が最優先じゃなくてもいいから、楽しいと思えることをしよう。

自己肯定。

自分の良い部分も悪い部分もまるっと認める。
置かれている環境を受け入れる。
過去を肯定する。
血の繋がりを肯定する。

再出版のはなしがあったとき、前に書いた自分の原稿を見直したら
昔の自分に教えられた。過去の自分が教えてくれた。

名言セラピー恋愛編は、恋愛を入り口にして自分と向かい合い、自分、好きな人としあわせになっていく話だ。

あなたがいるからわたしはしあわせ。
あなたの笑顔がわたしの笑顔。

あなたを想って、あなたを愛する。
give and giveなのに、
相思相愛。

おれ一人でなにもかもしよう。一人でしあわせになろうなんてムリ。そんなの楽しくない。
家族、友達、支えてくれる人、応援してくれる人みーんなで楽しくなろう!

あなたのおかげでわたしがいます。楽しめます。笑顔にさせてもらえます。
それに気づけた、気づかせてもらえた10年でした。

今日も来てくれてありがとうございます。
おかげさまでいろんな方から声をかけていただいて嬉しいです。
ヤスでした。

自己紹介トーク

恋は決闘です。もし右を見たり左を見たりしていたら敗北です

相手のための嘘ならついていい、ヤスです。こんばんは。

ウソついてごめんね。でもウソつかないと困ったでしょう?

銀色夏生さんの詩です。

大学生のとき、読んでましたね。ひとつの詩でホロリとひとつぶ涙をながす。

恥ずかしいけど、そんな大学生でした。

ちょっと!「うわあ・・・」とか思わないっ!

大学ミッション

高校のときのおれとは違うんだ!

女の子とキャッキャしてキャンパスライフをエンジョイだ!(おっさん)

と、まず大学入学前に、自分の過程を変える決心をしました。

過程を変えないと、結論は変わらない。

過程と結論。高校数学の授業でやったことが身についています(うそです)。

過程を変えるには、数学じゃなく、英語で考えよう。

英語を短期間で身につけるには、英語を使わざるをえない環境に身を置くこと。

そうですよね。そんな話を聞いたことがあります。

それをこのときの状況に置き換えるとどうなるのか。

女の子だらけの環境に身を置こう。

これです。これしかない。

恥ずかしがりのおれは、自分を追い込まないとダメだ。

持っていた手帳に書きました。

ランチは女の子としか食べない。

もし、女の子と食べることが出来なければ一人で食べる。

今思えば笑い話だし、これ読んだ人がいれば「ふふ」ってなるレベルかもしれません。

しかし!!!

当時のおれにはめちゃくちゃハードルが高い話なんです。

それまで男としかつるんでいないやつが、いきなり女の子とランチ。

うん、これはなかなかの修行だ。

もう1つ。

女の子が多い、もしくは女子比率の高いサークルに所属する。

こちらはなんとかなります。

大学は入学式が終わると、各サークルがチカラを入れて新入生を勧誘するからです。

この2つをまずクリアするのが大学1年生、4月のミッションでした。

目標ができれば、そこへひたすら進むのみ。

「何をすればよいのかわからない」

この状態がいちばんキツイです。

何をすればよいかさえわかれば、あとは実行するのみですもんね。

だからおれは自分に課題を与えたわけでした。

自己紹介トーク

自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である

1かけ2かけ3かけて、しかけて口説きは止められぬ。ヤスです。こんばんは。

この冒頭の出だし。「~~~のヤスです」というもの。

学生時代にSNSで日記を書いていたんです。けっこう続いたかな。当時この出だしと同じことをやっていてまわりに評判よかったので書いてみます。一番ここに頭を使うっていうね。

今回で自己紹介エピソードは終わりです。また思い出したら書くかもしれません。

おれ、モテるわ

大学の4年間は女の子としかランチをしない、という自分へのルール。

結果、ちゃんと達成しました。

もしかしたら、達成していないかもしれません。

え? どっち?!

どっちでもいいんです。

1年生の夏前くらいまでかな。そこまでは覚えているんです。

それはもうね。大学内でナンパに近いことをずっとやっていましたから。

だって、女の子とランチしないと一人でランチですから。さびしいですやん。

一人でランチしていたら

「あの人、友達いないんだ。さびしいんだ」

みたいな目でみられると本気で考えていました。

あとから考えるとね、

みんな、おれのことそんなに興味ないですから。

いや、投げやりな考えじゃないんですよ。

みんなまわりの目を気にしすぎです。

そんなにあなたのこと、ずっと見てませんって。

あなたの目が、一番あなたのことを気にしています。

勝手に想像しちゃうんですよね。しかも悪いほうに。

相手の目を通しているつもりで、自分の目で見てしまう。

同じ妄想なら、良い方に考えてもいいでしょう?

悪い方への考え=現実的

良い方への考え=夢・理想

そんなのはちょっとイヤだな。

同じ妄想なら、良い方に考える。

このころです。おれは自分で自分のことを

モテる、って言いだしたのは。

たぶん、モテてたんだと思います。

いやどっちだろう。ずっと女の子といたからかな。

大事な部分ですが、覚えていないのです。

1年生の夏前までしか女の子とランチをしていない、それ以降は

どっちでもいいっていうのは、そこからずっと恋人がいる状態が途切れていないのです。

恋人がいたら、だいたい一緒にいますからね。

自分でモテると言い出したら・・・

自分で「おれってモテるわー」と言っているとまわりがまず勘違いします。

あ、ヤスはいつも女の子といるもんな。自分で言うくらいだしモテるんだろう。

そう思われるかもしれません。

逆もあります。

「なに、バカじゃないの。かっこよくもないくせに自分でモテるって」

うん。そう思う子も実際いましたが、だいたい仲良くなったか、恋人になるかでした。

一番悪いことは、嫌われること。

・・・じゃありません。

まったく興味をもたれないこと。

これに比べれば嫌われるなんて何千倍もいいです。

「おれってさ、モテるんだよ」

「えー!やっぱりモテそうな雰囲気あるもんねー」

これはOK。

「おれってさ、モテるんだよねぇ」

「は?鏡見て言ってるの?ってか鏡見たことあるの?」

これもOK。

「おれってさ、モテるんだよね~」

「へー。あ、そうそうこの前みたドラマでね」

これOUT。

・・・に見せかけてOK。

興味なさそうでしょ?OUTっぽいですが、おれと会話している時点でもう大丈夫です。

いくらおれでも、通りすがりの人をつかまえて、

「おれってモテるんだよね~」

なんて言えません!

だから会話している時点で興味ないことはない。

自分でモテるって言いだすと、まわりもそうですが、まず自分が勘違いします。

ほんとに。

覚えていないですから。言ったからモテたのか、言う前からモテたのか。

自分で言っちゃうと、そこへ向かっていくようになるんですね。

行動、言葉、雰囲気さえも。

・・・っというわけで自己紹介おわり!

この話を、もっと簡潔にわかりやすく書いたのがこちら!

はい。私(ヤス)とひすいこたろうさんと、ようちゃんで書いた名言セラピー恋愛ver、モテ名言セラピー。

(はー、たどり着くまで長かった笑)

おれの話だけでなく、ひすいこたろうさんのとっても深いのにわかりやすいお話。よう子ちゃんの女性視点の素敵なお話。読者さんの涙するお話など、かなり盛り沢山な内容です!

結構前の本なんだけどね。内容は今でも通用します。

通用というか、恋愛テクニックの話ではなく、老若男女問わず既婚者や既に恋人がいる人にも楽しめる内容です。

ぜひ一読を!

自己紹介トーク

恋愛の10分の9は恋するがわにあって、その10分の1が、恋されている対象のがわにある

人から聞いた話を、その人によくしてしまうヤスです。こんばんは。

前回、高校時代のアルバイトの話をしましたが、

大学デビューの話の前に、高校の卒業式直前、担任の先生に言われた言葉があるんです。

あなたね、これからモテるよ~

3年の担任は国語の女性の先生でした。古典だったかな。

もうね、毎回毎回授業の前に小テストをする先生で

しかも厳しくてあまり得意な先生ではなかったです。

厳しいから、普段は話しかけないしそんな雰囲気もありません。

まぁ、必要最低限の会話はしていたと思います。

プライベートな話はしていなかったかな。

あ、当時ハマっていた金田一耕助の小説を授業中に読んでいたら

取り上げられたのは思い出しました。(返してもらってない!)

そんな厳しい女の先生だったんですが、卒業式直前。

先生は昼休みに教室で各グループに入って、何か話していたんです。

卒業前だからでしょうね。他愛もない話をいろんな子としていたんだと思います。

で、おれのグループに来て、

おれを見て言ったのが

「あなたね、これからモテるよ~。」

え?なに先生??

そんなキャラだっけ?!

いきなりほとんど話していないおれに何言ってんの?!

と、一瞬で色々考えましたが、おれが言った言葉は

「ほんとですか!ありがとうございます!」

と、なぜかすんなり受け止めちゃったんです。

なんであの時先生がそんなことを言ったのか。

なんでおれがすんなり

「あ、おれこれからモテるんだ」と思っちゃったのか。

逆らったらこわいと思ったからですかね!

今でも不思議なんです。

ストーンと受け入れたんですよね。

モテるよ~~~。

自己紹介トーク

初恋は、男の一生を左右する

気付いたら四面楚歌、ヤスです。こんばんは。

自己紹介を兼ねてのマイ☆エピソードトークが続きます。

そうそう、記事の見出しは恋愛名言・格言です。

高校時代、臆病で人見知りなおれが、

始まってもいない恋に破れた、そんなおれがとった行動は?!

大学デビューです。

・・・っとその前に。

高校在学中のはなし

アルバイトをしていました。高校3年生のとき。

早々と大学合格が決まったもんだから、家の近所でバイトをしていました。

職種は、テレビゲームショップです。

バイトなら特別価格で最新ゲームが買えたんですよね。嬉しかったよね~。

販促品とかもらえちゃうしね~~。・・・オタクだ!!!!!

(もちろんゲームショップの店員さんを非難してるワケじゃないですよ)

バイトはほとんど男子。

女の子は1人か2人だけ。あと店長のおば・・おねえさん。

人間関係は高校の延長のような感じでした。男ばっかりだし。

同い年か、大学生か、フリーター。

そんな集まりでした。

フリーターのお兄さんには仲良くしてもらいました。

フリーターのお兄さんは当時初めて接する年の近いオトナです。

顔は全然かっこよくないけど話がおもしろいし、オトナなんで、

そんな知り合いができてうれしかったのを覚えています。

(今思えば24、25の若い子なんだよねぇ)

そこのバイトは大学入学してすぐやめたんですが、

やめるまでに飲み会が何回かあったんです。

ん?飲み会??年齢が・・・、ウーロン茶を飲んでましたよ!

飲み会はバイト先が複数の店舗がある店だったので、近くの系列店と合同でやるんです。

15~20人くらいかな。

女の子が5人いればいいほう。

まだまだ人見知りなおれは(卒業式前です)

あいもかわらず、男のバイト同士でゲームの話とかして盛り上がってました。

フリーターのお兄さんも、混じって騒いでいました。

当時、スマホとかありませんからね。

ゲーム攻略wikiとかもないんで、ゲーム攻略の情報交換とかしていました。

ひと段落つくと、お兄さんがテーブル移動をしたんです。

なんと、

女の子が集まるテーブルに!!!!!

男テーブルはびっくり。

「おいおい、〇〇さん。何してんだよ~。キモがられるよ~?笑われるよ~~?」

なーんて、男同士でニヤニヤしていました。

そしたら案の定。

女の子のテーブルが笑って盛り上がってる。

場の中心は、お兄さん!!!

ち、ちがう。

笑われてるんじゃない。笑わせてるんだ!!

うちらはポカーンです。沈黙です。目の前のフライドポテトも減りません。

お兄さんは、全然かっこよくないんです。

ロン毛だし、目は細いし、ヒゲは生やしてるし。

あ、今お兄さん、女の子と握手した!

あ、今お兄さん、女の子と手の大きさ比べてた!

あ、今お兄さん、違う子とハイタッチしてた!

そんな様子を指をくわえて、いや、フライドポテトをくわえて見ていました。

うちらにはやさしいし、話も聞いてくれてよく笑ってくれる人でした。

だからおれも好きだったんです。

お兄さんと出勤がいっしょだと、なんかテンション上がりましたもん。

で、女の子のテーブル。

お兄さんは何をしていたのかというと・・・

いっしょでした。

うちらと接するような感じで、女の子と接していただけなんです。

話を聞いて、自分も話して、笑って、また話を聞いて。

おれが好きなお兄さん、そのまんまで女の子のテーブルにいたんです。

え、なにあれ。

女の子って、かっこいい人じゃないとダメなんじゃないの?!

本気でそう思っていたんです。

自分みたいな、中の下くらいの風貌だと相手にされないって。

本気で思っていたんです。

お兄さんみたいな人は女の子と話せないって。

しかも、うちらと話すような感じそのままで、溶け込んでいます。

この出来事はとてもとてもおれに影響を与えてくれました。

素でいても、だいじょうぶ。

顔がすべてじゃない。

トークで女の子は笑ってくれる。

ということは・・・

素を磨けばいい。

顔も清潔にしておけばいい。

トークは、・・・磨こう!!

大学デビューに続きます。

自己紹介トーク

短い不在は恋を活気づけるが、長い不在は恋をほろぼす

高校時代、モテませんでした。

それまでモテていたのか?!という書き方ですが、はい、そんなにです。

未だに小学校2年生のときのもらったバレンタインチョコの記録は抜けません。

高校時代は、今でいうと陰キャです。

数人の男の子とつるんで女の子との接点はほぼなし。

それこそ、ゲームとかアニメの話とかしていたくらいのオタクでした。

そんな高校時代のおれにも、もちろん気になる人はいるわけですよ。

うちの高校は教室のうしろに部屋があって、その部屋に個人のロッカーが置いてあるんです。

みんな登校してきたら、部屋に行ってロッカーに荷物を置くんですね。

ある日、おれも朝早く登校したら、好きな子が部屋にいました。

「お!!今日はラッキーだ!!」

とひとりニヤニヤして(客観的に見てやばい)その日は一日しあわせでした。

で、次の日も、同じ早い時間にその女の子いるかなーって

おれも早く学校に行ったんです。

いた!!

女の子は毎日、朝早い時間に登校していました。8時6分です。

部屋にはおれと女の子だけ。

「おはよう」

・・・という一言は言えません。臆病で人見知りでしたから。

でもやっぱり、好きな子だし、なんとか声かけて仲良くなりたいなぁと

授業そっちのけで、妄想にふけっていました。

仲良くなりたいな。

なんて声をかけようかな。

やっぱり挨拶?

今まで話したことないのに、挨拶もおかしいか。

というかいきなり話しかけて嫌われない?変な奴だと思われない?

いやいや、好きだってバレたらどうしよう。

毎朝、女の子の登校時間8時6分に合わせておれも登校するんだけど

結局、卒業の日までひとことも会話をすることはありませんでした。

卒業式。

おれの今後を決定づける出来事が起こりました。

卒業文集ってありますよね。

クラスのみんなが3年間の思い出とか将来の夢とか書くあれです。

真っ先に好きな女の子の部分を読みます。読みますよね?

衝撃でした。

ほかの子はぎっちり文を書いているのに

その女の子のページはたった1行。

「あまり楽しくない高校生活でした」

・・・・・・。

しまった。

しまった!!!!!

後悔しました。めちゃくちゃ後悔しました。

泣きました。

家に帰っても眠れないほど後悔しました。味噌汁を飲んだら吐きました。

卒業アルバムですよ?

そこにこんなことを書くなんて。

こんなこと書くくらい、おもしろくなかっただなんて。

おれが男とアホな会話してるあいだに

あの子はひとり、楽しくなかった。

もし、もし、おれが声をかけていれば。

たったひとこと、「おはよう」って言えていれば。

変なヤツだと思われようが、なんと思われようが

おれが一歩踏み出せば、こんな結果にならなかったかもしれない。

たとえ、恋人にならなくても、友達として楽しく過ごせたのかもしれない。

おれは反省はいっぱいしますが、後悔だけはしたくないようにします。

この時だけは、後悔しました。

これが高校3年生の卒業時。

つまり、卒業からおれのモテ人生は始まります。

もう2度と女の子にそんな思いをさせたくないですから。

もう会えないし、何もしてあげられないけど、

今、あなたが笑ってくれることを心より願っています。

だから、あなたのまわりの男が、あなたを笑わせることができるように

おれの恋愛論を伝えますね。

自己紹介トーク

恋愛は、チャンスではない 私はそれを意思だと思う-太宰治

っていうか、あなた誰?

ってなりますよね。なります。なるはず。

普段は予備校で働いていて、ウラでは恋愛を語れる人、ヤスと申します。

「1行目、“はじめまして”の書き出しのブログはすぐつぶれる」

とブログ初心者講座に書いてあったので、回避します。

回避しましたが、やっぱり自己紹介的なものはいるのかな。

作家のひすいこたろうさんと出会ったのが〇〇年前。

(年齢バレちゃう!)

ちょうど、たまたま本屋で見つけたこの本で「あなたの名言エピソード募集!」みたいなことをやっておられたので、そこに投稿していました。

「恋愛系のはなしが少ないなー。薄いなあ」っておもったから(何故かえらそうに!)、そんな話を書いて送っていたはず。

そこで採用され、本に収録してもらったのがこちら。

そんなひすいこたろうさんと出会いがあり、フツウのおれがフツウの恋愛を語っています。

恋愛テクニック的なことも書きますが、お話ししたいのは、もっと根っこの部分。

男性が輝き、女性が輝き、みんな楽しく恋愛できる。

そんな世界を夢見ています。

フツウ視点、人よりちょっとモテるおれが、みんなの手助けできればなと。

恋愛のはなしがメインそうで、メインじゃないかもしれません。

今恋愛中の人も、そうでない人も、結婚している人も独身の人も。おじいちゃんもおばあちゃんも。

「恋愛」をエッセンスにして、毎日が楽しくなるような、そんなお話をしていきます。

だって、生きていく中で人との関わりって絶対に必要でしょ?

だったら老若男女問わず、人にモテたほうがいいでしょ!

以下、私の自己紹介トークです。

モテ始めるキッカケ

大学デビュー前

モテ始めた、あのときの先生のひとこと

大学デビュー

大学デビュー後