雑記

ちょっと離れます。
いろいろ行き詰まってきたので充電!

雑記

夢で咲くのが恋。
あー、思った以上にショックだ。チャゲアスの事実上解散ね。
ASKAは好きだけど、相方のこと思っていないんだろうなー。

LOVE SONGに衝撃をうけ、一気にファンに。
その後SAY YESの爆発的大ヒット。YAH YAH YAHでトップアーティストに。

失恋したときにはいつもチャゲアスがそばに居てくれた。
恋愛で嬉しかったとき、楽しかったとき、悲しかったときもそばに居てくれた。

薬物事件もショックだったけど、シャーロック・ホームズだって薬物中毒だしと架空の人物となぜか比較していた。

ASKAのソロもたまに聴くけど、やっぱりチャゲアスなのよ。
とんでもない才能だと思ってる、ASKAは。でもCHAGEがいないとASKAの曲はそんなに好きじゃない。CHAGE&ASKAがやっぱりいいんだ。

どっちが悪いか、誰が正しいかなんて本人同士にしかわからないし、本人でもわかっていないんじゃないか。ただ、ASKAの言動にはCHAGEへの愛が感じられない。表面上だけって気がする。電気グルーヴと大違いだ。

コンビで一人がとんでもない才能を持っていると、二人の人間関係が結局一番大切なんじゃないか。嫉妬なんかもあるだろうし。
お互いリスペクトしあってこそ、より高みへ登っていける。

あー、40周年だからこっそり復活すると思っていたのに。

今日も来てくれてありがとうございます。
内容がないね。30年くらいファンなのに、デビュー日が8月25日って昨日初めて知りました。おばあちゃんの命日とはね。
ヤスでした。

恋愛テクニック, 雑記, 男性向け, 女性向け

今日はおれたち夫婦の記念日です。入籍記念日。「ハニィの日」と覚えてください。結婚式をした日と別なので入籍記念日です。
毎年子ども2人の誕生日とカミさんの誕生日、入籍記念日、結婚記念日は真っ先にスケジュール帳に書く。うん、忘れるから。

~~記念日ってよくいうじゃない。恋人同士なら付き合った記念日とか、初デート記念日。ああいうのモテる人なら抜かりないよね!って何かエピソードを言いそうだけど、おれは付き合った記念日とか初デート記念日は、今までまったく覚えておりません!自慢にもならない!

恋人になった人は誰もそんなこと気にしない人だからよかった。気にしてたかもしれないけど、気づかなかった!

でも良いと思う。なんとか記念日。そういう日を覚えててちょっとしたプレゼントを渡したりできるでしょ?プレゼントは貰うのも贈るのも楽しいもんだよ。選んでる時間も相手を想う気持ちだよね。

あまりにも自分と相手のセンスが違いすぎるプレゼントはどうかと思うけど、おれは今までもらったプレゼントで「これはないわ」と思ったものはないかな。

むかーし、LEGOブロックをもらったことがあるのよ。誕生日に。おれがLEGO好きって恋人は知ってたから。

その時は実家で暮らしてたから、家に帰ってきてリビングでプレゼントを開けていたら母親がそのプレゼントを見て「あんたは幼稚園の子どもかっ!」とツッこまれたよね。でもすっごい嬉しかったのは覚えてる。LEGOは捨てれない。まだ実家に置いている。

恋人との何気ない日常会話に「これいいなー」って言葉がてできたら覚えておくといい。だいたいそれを贈ったら喜ばれます。
ずっと覚えててくれたって思う気持ちもプレゼントに含まれるから。

さあ、今年のプレゼントはカミさん、喜んでくれるでしょうか。

今日も来てくれてありがとうございます。
誕生日プレゼントをもらって店に忘れて修羅場になったことがあるのは内緒です。
ヤスでした。

雑記

二日酔いどころじゃない。四日くらいだ。

炎天下でお墓参り。彼岸とお盆と正月は行きます。
じいちゃんばあちゃんばっかりだね。お墓参りしているのは。
「みんなお墓参り大事よ!」ってあちこちで聞くんだけど、同年代かそれ以下の人は今まであまり見たことがない。そういう墓地なのか、あまりみなさん行かないのか。

おれの年代だと祖父母からそろそろ親世代になってくるなあ。幼馴染のお父さんは今年が初盆だ。そのときの葬式は悲しかった。幼馴染も見ていられなかった。いつまでも親はいるもんじゃないとわかっていても、直面しないとわからない。

がっつりお墓を掃除して、実家へ。
祖父方の親戚と宴会。じいちゃんの甥っ子なんだけど、似てるんだ、じいちゃんに。
見てるだけで、ちょいちょい泣きそうになりながら6時間ほど飲みっぱなし。

今日は自分の家族だけで外出。お盆前半戦でちょっとフラフラ。

雑記

お盆休みです。

おれの実家は本家ではないんだけど、
お盆と正月は親戚が集まる家。
南国系の家系だから、親戚付き合いは濃いほうなんでしょう。

物心つく前から、盆と正月は家にいることが当たり前だったので、
小学校でお盆休みは家族で旅行すると友達から聞いたときはびっくりしたもんです。

えー?!家にいるものじゃないの?

サマーウォーズってアニメ映画あるでしょ?
観たことない人にはわからないだろうけど、ああいう雰囲気。

親族が集まり、食べて飲んで歌って踊る。
人数はサマーウォーズより多い。花札はしないけど。

小さい頃は親戚付き合いが苦手で苦手で。
誰か誰かサッパリわかんない。

祖父母が亡くなり、ホスト役がいなくなったかわりに
おれがホスト役となりました。
父は親戚付き合いが苦手なのです。

カミさんが大変でしょう。おれよりもさらに誰が誰かわかんないから。
家庭によっちゃあ、離婚案件。だいたい旦那親族って苦手だもんね。

おれはそんな環境に育ったので、カミさんの親族付き合いは大丈夫です。

というわけで今日からほぼ二日酔いです。

今日も来てくれてありがとうございます。
歌って踊るは沖縄系だからです。三味線と指笛と踊り。
ヤスでした。

雑記

私は誰だ。
ここは何処だ。
誰が生めと頼んだ。
誰がつくってくれと願った。
私は私を生んだ全てを恨む。

だからこれは、攻撃でもなく宣戦布告でもなく、

私を生み出した人類への、逆襲だ。

ここでババーンとタイトル。

映画初見です。ポケモンジェネレーションじゃないのでポケモンは子どもといっしょに観るくらい。
オリジナル前作公開時はもう大人だったから。おれの世代はドラゴンボール。これも今映画をやると子どもと観ます。あとはドラえもん。

初めてポケモン映画を観たけれどびっくりした。子どもが好きなポッチャマもモクローも出てこない(初代ポケモン映画だから当然だけど)、内容が重い。
途中で子どもが席でモゾモゾしてたから退屈だったかもしれない。

おれはおもしろかった。

何故、人は生きるのか。何のために生きるのか。誰のために生きるのか。

あなたは存在していいんだよ。

なんちゅう内容のものをポケモン映画にしたんだ。
そりゃあ名作と言われるだけあるわ。

リメイクすると必ず叩かれます。が、今作に限っては少ないんでしょうね。

ここからネタバレを含みます。

「ミュウツーの逆襲」オリジナルとコピーの話。
コピー(リメイク)を否定したらそもそもこの映画を否定してしまうことになる。
リメイクはやっぱりダメ。オリジナル最高!なんて評価したら「この映画わかってないんじゃないの?」と逆に評価される。

オリジナルを見てみようかな。

今日も来てくれてありがとうございます。
ミュウツーの声が渋かった。
ヤスでした。

雑記

息子は剣道をしています。
最初は礼儀作法と姿勢。人間関係を学んでもらうために習わせていて、ある程度できたら辞めてもいいか、と思っていました。
まぁ、親(おれ)の思惑通りにはいかないわけで。

上の子が全然試合で1勝できなくて。
やっと1勝出来るようになったら、どうも楽しくなっちゃったんだね。
やめる気配はありません。それもよし!

試合はトーナメント戦が多いんです。

トーナメント戦。
おれの考えとまわりの考えがズレる。

まわりはなるべく勝ち進んでほしいから、格下の相手と当たることを願います。

おれは、最初のうちに優勝候補と当たることを願う。

くじ引きで優勝候補と1回戦であたった場合。
まわりは「あぁ~、残念。くじ運ないねー」みたいになる。
やっぱり勝たせてあげたい気持ちがあるから。

おれも最初はそうかなと思ってた。やっぱり自分の子には勝つ経験をさせてあげたいからね。
でも、いきなり優勝候補とあたるとそれだけでまわりが負け確定みたいな空気になるからおれだけ考えを変えました。

1回戦の体力満タンの状態で、決勝戦レベルの相手と戦えるのなら最高じゃないか。

負ければ1回戦負けだけど、気分は準優勝。
勝てば大金星!!

そうやって息子には言っています。
負けなんて気にする必要はない。

どうせ決勝まで進んだらその相手とあたるんだから、それなら全力で戦える最初が一番都合が良い。

なかなかこの考えは浸透してくれませんが、そうやって戦うと負け前提から決勝戦の気持ちになることができるようで、たまに勝ちます。2試合目で負けてヘコむけど!

息子が通う道場の方針は「勝つ剣道」より「正しい剣道」を重要視しています。
技も基本的な技のみを徹底して教えます。
試合では「勝つ剣道」を徹底して教え込まれているチームにはちょっと不利。
でも、それで勝ってくるんだから、大したもんです。

今日も来てくれてありがとうございます。
運動音痴なおれはほとんど息子に抜かれています。
ヤスでした。

雑記, 男性向け, 女性向け

24歳の頃。1人の女性とお付き合いした。
期間は短く3ヶ月もなかったと思う。
5~8月のあいだくらいだった。

「男は別名で保存」
「女は上書き保存」

と言われるように、男は付き合った女性を忘れることは少ない。
おれももちろんそうだ。女々しいんだ。

ところが、この女性の記憶だけが抜け落ちている。
1ヶ月しか付き合っていない人でも覚えているのに。

じゃあなぜ、記憶が抜け落ちているのに、24歳で3ヶ月付き合ったかを覚えているのかと疑問に思うだろう。

覚えているんだ。・・・どっちやねん。

顔、背の高さ、性格、好きなこと、香水、服。
それはそれは、めちゃくちゃ自分の好きな感じの人だったので印象がつよい。

覚えていないこと。

どこで知り合ったのか。
なぜ付き合うことになったのか。
なぜどうやって別れたのか。

そして、名前だ。

名前を忘れることはおれの中ではありえない。
いくら期間が短いとはいえ、お付き合いした人の名前を忘れるなんてことはない。(誕生日は忘れても…)

彼女に関するアイテムも一切ない。
6月だからおれの誕生日があった。お祝いをしてもらったのに、ないんだ。
しかも、何をもらったのか思い出せない。もらったのは覚えているし、どこの店に行ったのかも、覚えている。

なんなんだ、この記憶は。

考えたのが3つ。

1つめ。記憶の封印。
あまりにも辛い別れ(死別など)があったため潜在意識が記憶を封印している。
実際に死別は友人で経験しているしこの人じゃないからたぶん違う。

2つめ。夢か妄想。
夢で見たことを現実と勘違いしている説。
そして、そもそもそんな人は実在していなくておれが妄想で作り上げた彼女説。

これはないかなと思う。高校時代ならありえるかもしれないが、既に大学を卒業しているので、そこまで妄想をする時期ではない。
夢は、どうだろう。あり得るのかも知れないが自分の中では、ない。

3つめ。思い違い。
実在する人物だけれど、付き合ってはいなかった。だから何も残っていない。
それでも名前は覚えていそうなんだけど。まぁ、妄想に近い。

うーん。どれも当てはまりそうだし当てはまらなそうだ。

もしかしてオカルト系の時空の歪みとか別世界系なのか?!SF系か?!!
めっちゃこわいんやけどっ!!!

ちなみにこの話、オチがない。
あの子は、だれなんだろう。

今日も来てくれてありがとうございます。
単純に忘れている説、濃厚。だとしたら、最低。
ヤスでした。

雑記

熱い記事が続いていたから、ゆるい話。

90年代の曲が好き。30年来のチャゲアスファンです。北海道から福岡までライブは追っかけてた。ASKAが問題を起こしてしまっていてなかなか言いづらいのはあるんだけど、好きなものは好きだ。LOVE SONGは今でもヘビーローテーション。
きみぃがぁおぉーもうよりぃもぉ~ぼぉくは~きーみぃが~すーきぃ~。
酔ってたら聴いている。カミさんはLOVE SONGが家で流れ出すとおれがヤバイ状態だという。

その流れで光GENJIの「ガラスの十代」を聴いていた。あれ、作詞作曲がASKAなのよ。パラダイス銀河、デビュー曲のSTAR LIGHTもASKAだ。そりゃあ売れるわ。光GENJIが最後の純粋男性アイドルって言われているもんね。音楽番組以外に出演せずバラエティ番組に出ていないから。SMAPがアイドルを変えたね。

そうそう。SMAPはライブに行ったことがある。何故か母とだ。どんな親子だ。ライブはすごい熱気だった。おれも思わず「たくやぁぁぁ!」と叫んだくらいだ。こっちを指さしてくれて「かっこいぃぃぃ!」ってなったね。ウィンクで漏らすかと思った。

話を戻して、光GENJIがデビューしたあとクラスの女子は全員夢中だった。みんな下敷きとかのグッズを持っていた。キンプリや嵐でもこんなことはなかったんじゃないか。ほぼ全員の女子が光GENJIファンなんだよ?ちょっとでも男子が光GENJIに批判的なことを言うと、今で言う即炎上だ。こわかった。

おれは必死に話題についていきたかったけど、諸星くんしか名前は覚えられなかった。とりあえずかーくんって言ってたらなんとかなった。かーくん最強。この頃だね。二重まぶたになりたいと思ったのは。

ガラスの十代の歌詞。
「壊れそうなものばかり 集めてしまうよ 輝きは飾りじゃない ガラスの十代」
こんなとんでもない歌詞、よく思いついたなと思う。チャゲアスファンだからそう思うのか。みんな思うのか。
ちあきなおみさんに提供した「伝わりますか」もいいよ。いい歌詞だよ、ほんと。

ヒットする曲はメロディと歌詞がいいものが多いよね。昔も今も。
メロディは、90年代と今が似ている。米津玄師、あいみょん、星野源。どこか懐かしい。何かあるんだろうね、琴線にふれるものが。カノンコードかな。

木村拓哉つながりでデビュー当時の工藤静香もいい。ほんと色っぽい。木村拓哉は当時の工藤静香を知っているからね。なんかよく叩かれてるけど惚れるのはわかる。
「MUGO・ん…色っぽい」なんて最高だよ。

目と目で通じ合う~かぁすかにぃ~んぅ~色っぽいぃい~
目ぇと目で通じ合うぅ~そぉいうぅ仲になりたいわぁ~

歌詞は中島みゆき。すごいね、やっぱり。
工藤静香を好きだというと、木村拓哉ファンからの炎上を受けそうだからこれくらいで。

今日も来てくれてありがとうございます。
昔の曲も今の曲も好きです。
ヤスでした。

雑記, 出会い, 男性向け, 女性向け

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。-吉田松陰

一番ひどい出だしは、下ネタオンリーでした。ヤスです。こん○○は。
伏せ字で挨拶したのは、そんなブログがあったから。昼でも夜でもいける挨拶だけど、なんかね。いやらしく感じてしまうのは私だけでしょうか。

パソコンの中身を整理していたら、自分が書いていた昔のブログの記事を見つけました。2003年の自分の文章。保存してたとは。全部で450記事を超えていました。2007年まであったから4年?やるなぁ。
でも、うーん。いったい誰にむけて書いていたんだろう。うん、たぶん友だちと自分へだ。

古典文学で日記があるじゃない。土佐日記、更級日記、紫式部日記。
作者は今も読まれていることを知ったら、お茶碗を壁に投げるくらいはずかしいと思う。

それにしてもはずかしい。オチがない話もあるし、気分ですっごい喜怒哀楽が激しい。彼女にフラれた時の文章なんて、詩なんだか、哲学的なのかわかんない。なんかかっこいいことを言おうとしているのはわかる。
逆にだれかと付き合ったときなんて、フリ切っちゃててこっちのほうがはずかしい。おれはやっぱりモテるわ~的な、完全に自分に向けてた文章だった。
当時の彼女がコメントしているのも、こそばゆくなる。

途中から文体が明らかに変わった時期があったりね。「あー、あの作家のエッセイを読み出した頃だな」と。自分にはわかります。

自分の文章なので、当時に何を考え、何を感じ、何に関心を持っていたのかわかります。みなさんもね、何か今書いていたらぜひ残しておいてください。お茶碗を壁に投げつけたくなります。

文章はずっと書いているとちょっとずつ上達しています。自分のこととはいえ、読んでいたらよくわかる。はずかしいのはかわらんけども。

作家のひすいこたろうさんと出会ったのがブログを書き出して4年後。そのあとくらいに書くのをやめているから、これはマズいと思ったんだろうね、過去の下ネタオンパレード。いいんだけど、よくないんだ。

当時、めちゃくちゃ文章が上手な友だちが身近にいて、書き方を教えてもらっていました。「なんでそんなにおもしろい文章かけるの?」って素直に聞いたらすんなり教えてくれたと思います。今でもその教えは効いていて、常に気をつけてます。文章がうまいといえば、その人、というくらい友だちの間では評判でした。いや、友だちだけの評判じゃないわ。ファンもいたわ。もし今何か書いているなら絶対に読んでみたい。

そして、作家さんに出会い、そこでも文章の書き方は教えてもらえました。直々に指導をしてもらえるなんてありがたいです。本の原稿を書いたときには、編集者さんには赤を入れられるから、やっぱりこれも感謝です。超プロ目線だもんね。

文章は思えばずっと書いています。本になろうがなるまいが。有名になろうがなるまいが、書いています。公開した文章もあれば、していない文章もある。
本業でも書くし、趣味でも書きます。今更ながらこれを書いてて気が付きました。おれ、ずっと書いているわ。

趣味でいろんなことに手を出したし、今もいろいろやっているけど長く続けられること、続いていることって、そんなにありません。燻製料理はそろそろ2年続けているかな。

続けていたら何か起こるんです。仕事でも趣味でも。
「続けられること」に出会えたら、人に出会えます。
人と出会えたら、ステキなことが起こります。

今、なにか続けていることありますか?

ヤスでした。