雑記

私は誰だ。
ここは何処だ。
誰が生めと頼んだ。
誰がつくってくれと願った。
私は私を生んだ全てを恨む。

だからこれは、攻撃でもなく宣戦布告でもなく、

私を生み出した人類への、逆襲だ。

ここでババーンとタイトル。

映画初見です。ポケモンジェネレーションじゃないのでポケモンは子どもといっしょに観るくらい。
オリジナル前作公開時はもう大人だったから。おれの世代はドラゴンボール。これも今映画をやると子どもと観ます。あとはドラえもん。

初めてポケモン映画を観たけれどびっくりした。子どもが好きなポッチャマもモクローも出てこない(初代ポケモン映画だから当然だけど)、内容が重い。
途中で子どもが席でモゾモゾしてたから退屈だったかもしれない。

おれはおもしろかった。

何故、人は生きるのか。何のために生きるのか。誰のために生きるのか。

あなたは存在していいんだよ。

なんちゅう内容のものをポケモン映画にしたんだ。
そりゃあ名作と言われるだけあるわ。

リメイクすると必ず叩かれます。が、今作に限っては少ないんでしょうね。

ここからネタバレを含みます。

「ミュウツーの逆襲」オリジナルとコピーの話。
コピー(リメイク)を否定したらそもそもこの映画を否定してしまうことになる。
リメイクはやっぱりダメ。オリジナル最高!なんて評価したら「この映画わかってないんじゃないの?」と逆に評価される。

オリジナルを見てみようかな。

今日も来てくれてありがとうございます。
ミュウツーの声が渋かった。
ヤスでした。

マインド, 男性向け, 女性向け

自己肯定がモテるキーワード。

「まるごと自分を認める」
「まず自分を好きになる」

今までいろんな自己啓発系で語られていたのは自己肯定なのかな。
なんて本を読みながら思った。

おれは自己肯定がすべて出来ているかというと、まったくそんなことはない。
(これからまだまだモテるってわけだ!)
よくカミさんからも友だちからも叱られる。

まず、自分で自己肯定ができているなと思う部分はこれだ。

失敗を失敗と思わない。
人の良い部分は素直にすごいと思える。
カタチだけの人付き合いはしない。
何も言わずに誰かに理解して欲しいと思わない。
イヤなことはイヤだと言う。
自分はダメなところもあるけど、それは認めている。

このあたりは出来ている(と思う)。
色んな人(主に女性)との付き合いでアップデートされていったのでしょう。

向き合わないといけないのは、自分への意見の向き合い方だ。

過去、超イエスマンだった反動か、自分の反対意見は叩き潰す勢いで攻めることがある。正論という名の暴力を使い、自分の意見をなんとしてでも通そうとする。これ、常にそんなわけじゃないんだけど、あるんだ。

おれが正しい。あなたは間違っている。

裏返すと、自分に自信がないんだろうね。やっぱり人の評価を気にしてしまうんでしょう。。
人の評価なんて別に気にしなくてもいいわけで。
そりゃあ、悪い評価ならヘコみますよ。

でも、それでもいいじゃないか。
ヘコんでもいい。

自分の反対意見があってあたりまえ。
そんな意見もあるんだねー。
そんなスタンスでいいじゃないか。

自分で思っている分にはいいんだけど、相手に自分のイヤな部分をやられるとスイッチが入ってしまう。情けない。まだまだなんでしょう。

むかついてもOK!
そんな自分もOK!

こうやって、どんな自分にOKを出していくとね。「それじゃあ何も成長しないじゃないか」と最初は思ったんだけど、そうはならないんだ。

自分を認めているからこそ、これまでにない考えが出てくる。
自分を認めていなければ、そんな考えが出てこない。

ダラダラしている自分がイヤでイヤで。そんな自分がキライで変えたくて。
でもダラダラしてしまう。

OKを出すと、ダラダラするんだけど、違う方面でやる気が出たり、
ダラダラしていたことを挽回しようとヤル気が溢れる。
相乗効果でダラダラしていることが少なくなったりする。

そんな自分にさらにOKを出す。よくやった。さすがおれ。

どんな自分にでも、OKを出すと自己肯定は始まる。
すると変化は始まる。
なんだ、これは。と本当に思うよ。ええ。間違いなく。

毎朝ね、尊敬する人から聞いた話を実践しているんだ。
簡単に誰にでも無理なくできる。
でもね、ちょこちょこ忘れるんだよ。

はぁ~~~。こんなことも出来ないおれってオバカさん。
って、思うんだけど、

オバカさんなおれもOK!
気づけただけでおれはすごい!

って考えるとね、自己否定感がなくなる。

おまえはほんとに何もできないな。
こんな簡単なことさえちゃんとやれないの?
どれだけの時間を向き合って来たんだよ。
才能ないね。さっさとやめれば?
そんなことしても時間のムダ。

こんなことを言われて、あなたは物事を続けられますか?
じゃあ、無意識に自分にその言葉を投げかけているとしたら・・・。

今日も来てくれてありがとうございます。
汝自身を知れ。
ヤスでした。

雑記

息子は剣道をしています。
最初は礼儀作法と姿勢。人間関係を学んでもらうために習わせていて、ある程度できたら辞めてもいいか、と思っていました。
まぁ、親(おれ)の思惑通りにはいかないわけで。

上の子が全然試合で1勝できなくて。
やっと1勝出来るようになったら、どうも楽しくなっちゃったんだね。
やめる気配はありません。それもよし!

試合はトーナメント戦が多いんです。

トーナメント戦。
おれの考えとまわりの考えがズレる。

まわりはなるべく勝ち進んでほしいから、格下の相手と当たることを願います。

おれは、最初のうちに優勝候補と当たることを願う。

くじ引きで優勝候補と1回戦であたった場合。
まわりは「あぁ~、残念。くじ運ないねー」みたいになる。
やっぱり勝たせてあげたい気持ちがあるから。

おれも最初はそうかなと思ってた。やっぱり自分の子には勝つ経験をさせてあげたいからね。
でも、いきなり優勝候補とあたるとそれだけでまわりが負け確定みたいな空気になるからおれだけ考えを変えました。

1回戦の体力満タンの状態で、決勝戦レベルの相手と戦えるのなら最高じゃないか。

負ければ1回戦負けだけど、気分は準優勝。
勝てば大金星!!

そうやって息子には言っています。
負けなんて気にする必要はない。

どうせ決勝まで進んだらその相手とあたるんだから、それなら全力で戦える最初が一番都合が良い。

なかなかこの考えは浸透してくれませんが、そうやって戦うと負け前提から決勝戦の気持ちになることができるようで、たまに勝ちます。2試合目で負けてヘコむけど!

息子が通う道場の方針は「勝つ剣道」より「正しい剣道」を重要視しています。
技も基本的な技のみを徹底して教えます。
試合では「勝つ剣道」を徹底して教え込まれているチームにはちょっと不利。
でも、それで勝ってくるんだから、大したもんです。

今日も来てくれてありがとうございます。
運動音痴なおれはほとんど息子に抜かれています。
ヤスでした。

恋愛テクニック, コミュニケーション, 男性向け, 女性向け

逆をいって、モテる」の話に近いかな。

よくここで言っている「相手はあなたの話に興味がない」。
すごい自己否定に聞こえるかもしれないけど、まったくそんな意味はない。

恋愛関係をうまくいかせたかったら「自己肯定」は欠かせない。

まず、自分を認める。自分を好きになる。
自分を好きじゃないと、相手に失礼です。
しっかりと自分を認めてから「相手はあなたに興味がない」という意味をわかってもらうとしっくりくるはず。

じゃないと、どんどん落ち込んでしまうから。
「誰も私に興味はないんだ・・・」なんていう発想にはなっちゃいけない。

自己肯定を簡単にしてしまう方法は、佐藤由美子先生のシンクロちゃんがおすすめ。
シンクロちゃん一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則

佐藤先生に「シンクロちゃんの本、モテる上でめっちゃ大切だと思うんですが、おれもシンクロちゃんの方法を紹介していいですか?」と失礼を承知で聞いてみたら快諾いただきました。

人に嫌われてしまう人はどんな人か。
自分が苦手な人はどういった人か。

多いのは「自分の話ばかりする人」でしょう。
だから恋愛テクニックでは逆の「聞き上手」とか「褒め上手」がよく出てくる。

あなたもそうだし、おれもそうなんだけど、
みんな自分の人生の主役は自分だ。
だから話を聞いて欲しい。自分が主人公の物語を聞かせたい。

そして、それは抜群につまらない。

いや、おもしろい人ももちろんいるよ?
刺激のない内容であっても、話すのが上手い人なら「おもしろいなぁ」って思える。

話をうまくなれ!っていうんじゃなくて、相手のことを考えると相手の話を聞いてあげて、おもしろくしてあげればいい。ただ聞いているだけだとあなたもつまらないだろうし。

漫才のボケとツッコミのように、ボケはツッコミがないと生きない。テレビ番組で重宝されるのが「ツッコミ」の人のように、相手の話に興味をもって聞いて、相手を立てるように話を促したり、その時の感情を聞いたり、おもしろければ笑ったり悲しければ悲しむといい。

これがモテるコミュニケーション。

自分の話をして相手が聞く。
相手の話を自分が聞く。

これはコミュニケーション。

自分を出してしまうと、自分の考えで相手を枠にはめてしまうから、ついつい否定したくなる。
「いや、それは違うよ」
「そうは思わないかな」
「いやいや、そんなこと聞いてるんじゃなくて」
こんな言葉が出てきたら、自分を出しすぎ。

相手は自分が主人公の話をしたい。
あなたもあなたの主人公なんだけど、相手の世界を尊重しましょう。

今日も来てくれてありがとうございます。
バラエティ番組のMCはみんなツッコミ役。
ヤスでした。

恋愛テクニック, 小学校ですべて学んだ, 男性向け

恋愛本はよく読む。男性向け、女性向け問わず読む。
新しい本が出ても、切り口が違うだけで同じことを言っていることが多い。

男性向けの恋愛本。
これはほとんどの場合、ゴールを「身体の関係をもつこと」においている。

「なにそれひどい」と女性なら思うだろう。
たしかにひどい。あんまりだ。
でも、売れる本はそれだ。
付き合っている最中、パートナーシップを書いている恋愛本はそんなに売れていない。

また、男の在り方、精神論なんて書こうものなら
「そんなことは知っている」なんて言われてしまう。
知っていると実行できるは雲泥の差なんだけどね。

「こうすれば好かれる」という恋愛テクニック。

よく出てくるのは
清潔感・話を聞く・関心をもつ・感謝・感情表現。

逆をいくとモテないというわけ。
不潔。話を聞かない(自分ばかり話す)。無関心。喜んでいるように見えない。ありがとうも言わない。

まぁ、そりゃあモテんわな!

誰からも好かれる「テクニック」なんてものは、ないと思います。
ないというか、人の本質であったり、生き方で出てくるものだから。

恋愛テクニックに頼りだすと、
Aちゃんに通用したテクニックはBちゃんには通用しない。
なんてことは普通にある。

いつでもだれにでも通用するのが、テクニックというより人としてのマナー。
生き方。つまり自分自身の強み。

「自分探し」「自分磨き」って言葉が流行ったのはそんなわけで。

もし、恋愛テクニックに頼りたくなったら恋愛テクニックの「逆を考える」ことを意識すればいい。

こうすれば嫌われるってのね。

「会うときはちょっとしたプレゼントを贈ろう」

逆は「ちょっとしたプレゼントもしない」

今日も来てくれてありがとうございます。
「逆にさぁ~?」ってことばは好きじゃないけど一考する価値あり。
ヤスでした。

マインド, 小学校ですべて学んだ, 男性向け, 女性向け

これは一番タチが悪い。
「悪気がないのが一番悪気がある」とはよく言ったもんで。
なにしろ、本人がわかっていないもんだから、本人が防ぐのが難しい。

自分で言うのもなんだけど、おれです。

相手に言われてはじめて気付く。
言わないままで我慢させてしまっている人も多いんだろう。

おれはいつもいつも自責の念でいっぱいです。

「なんであんなことを言ってしまったんだろう」

自分の言葉には気をつけている。
「つもり」なだけなんだろう。
気をつける。気をつけないといけない。

そして自分で悪いと思ったら素直にあやまる。
心から、謝罪する。

謝罪だけだと自己満足になる。
自分がスッキリしたいからという気持ちに受け取られる。
実際にそういう面もあるんだから。

相手のイヤな気持ちは拭えない。傷は癒えない。
それでも申し訳ない気持ちをもって、誠実に接する。

「私はそんな人間だから」と主張してしまうと、自分は何も変えようとする気がないし、誠意もない。私は変わらない。あなたが合わせろ・理解しろという主張になる。
結果、同じことを繰り返してしまう。

相手のことを考え、理解に努め、誠実に接する。
あたりまえのことなんだけど、あたりまえは難しい。

おれが常々「相手を徹底的に考える」っていうのも、そもそもが苦手だから。
ちゃんと意識して相手を考えると、うまくいくことが多いんだ。

「人が嫌がることはしてはいけません」

「お友達の良いところを探しましょう」

「イヤなことはイヤとはっきり伝えましょう」

「お友達には素直に謝りましょう」

小学校で習ったこと。
ここでも生きてくる。

小学校のとき、いじめ問題があった。
担任の先生が1人の生徒の足を踏み、

「痛いか?先生は全然痛くない。踏む方はどこも痛くない。
君たちは誰かの足を踏んでいないか?わざと踏んでいないか?無意識に踏んでいないか?
相手の痛みは本当のところわからないんだから、わかろうとする大人になってくれ」

と涙ながらに言ってくれた。

今日も来てくれてありがとうございます。
生徒の足を踏むなんて体罰だ!って今なら言われる世の中です。
ヤスでした。

恋愛テクニック, コミュニケーション, 出会い, 男性向け, 女性向け

グデングデンに酔ってしまって、記事を書こうと思っていたら歯磨きしてシャワーしたらそのまま寝てしまいました。
どれだけ酔っていても歯磨き&シャワーは欠かせません。覚えていないけど。

人見知りなクセに新しい人に出会うために出かけます。
いや、人見知りだからこそ会いに行くんだろう。

どうしても、同じルーティンで生活すると視野が狭くなる。
新たな人と話すと「え、こんな考え方あるのか」とよく気付く。

働いている人はこういったことがあるだろう。

企業が抱えている問題が異業種の人の意見であっさり解決へ向かったりする。
固定観念ができあがってしまって「こうあらねばならない」ってのが誰にでもあるもんだから、それを全く違う分野の人の意見で改善に向かうことがある。

自分と似たような人。同じ分野の人と会って話すのも楽しい。共感作用が生まれているから。

自分と全然接点のないような人と会うと、これまたかなり楽しい。
出会えたことに感謝する。

人見知りだからこそ、どんどんいろんな場所へ出向ける。
だって、自分が人見知りだとわかっていたら特に失うものはないんだから。

人見知り=人と出会わない だと、何も起こらない。
これを変えてあげると、0の状態から動く。

もし、全然自分と合わない人がいたって、それで何かを失うわけではない。
もし、めちゃくちゃおもしろい人と出会えたらと考えると、人見知りなんてもったいなくてそんなこと言ってられなくなる。

一時、ナンパをしていたことがある。人見知りなのに!
自分を追い込む、修行です。

思いきって話しかけると、場所にもよるがあまり無視はされない。
やってみなけりゃわからないから。
「こんなギャルな人、絶対ダメだろう」って人に、避けずにいってみると意外と気があったりするからおもしろい。

人との付き合いが自分を成長させてくれる。
運も仕事も恋愛も、すべて人が持ってきてくれる。
嬉しいこともイヤなことも、すべて感謝になる。

今日も来てくれてありがとうございます。
だから、今晩も出かけます。
ヤスでした。

マインド, 男性向け, 女性向け

鳥人間コンテストが好きだ。テレビ番組
いきなりそんなことを言われてもでしょうが、この番組は録画してでも観ています。
今年は知り合いが出場するから、なおさら楽しみだ。
台風の影響があったみたいなんだけど、大丈夫だったんだろうか。

何がおもしろいんだろう。

強烈なキャラの操縦士とかはそんなに興味はなくて。
たまにいるんだ。
ずっとコックピットでしゃべってて、すごい自分に酔っている人。
「おれはまだまだやれる。こんなもんじゃないだろ!!!!!」
そんな人も、もちろんおもしろい。

1年かけて作ってきたものを飛ばす。
そんなところにおもしろさがある。

離陸直後に落下するのは、笑えない。
作り手はとてもとても悔しいし泣きたい気持ちだし泣くだろう。

「努力は必ず報われる」

それが通用しないことが鳥人間コンテストで教えられる。
どのチームも1年間かけて、準備してきている。

寝る間を惜しんで、学生なら学業ももちろん。
アルバイトをして、時間を作って飛行機を作って。

参加者はみんな努力している。
結果が出ないチームもある。

じゃあ、努力はムダなのか、というと
もちろんそんなことはない。

努力するのがあたりまえなんだ。
努力したら報酬があるなんて考えてしまうと、報われないと感じる。

自分ができる精いっぱいの努力。
努力することが普通の状態なんでしょう。そこに見返りなんて求めない。

報われなかった、なんてことはない。
努力不足だ、なんてこともない。

精いっぱいやったんなら、自分を褒めてあげよう。
よくがんばったね。

結果を出したければ、そこに工夫が要ります。

今日も来てくれてありがとうございます。
精いっぱいおしゃれして、トークを勉強して、お金を稼ぐ。
それだけじゃモテません。
ヤスでした。

雑記, 男性向け, 女性向け

24歳の頃。1人の女性とお付き合いした。
期間は短く3ヶ月もなかったと思う。
5~8月のあいだくらいだった。

「男は別名で保存」
「女は上書き保存」

と言われるように、男は付き合った女性を忘れることは少ない。
おれももちろんそうだ。女々しいんだ。

ところが、この女性の記憶だけが抜け落ちている。
1ヶ月しか付き合っていない人でも覚えているのに。

じゃあなぜ、記憶が抜け落ちているのに、24歳で3ヶ月付き合ったかを覚えているのかと疑問に思うだろう。

覚えているんだ。・・・どっちやねん。

顔、背の高さ、性格、好きなこと、香水、服。
それはそれは、めちゃくちゃ自分の好きな感じの人だったので印象がつよい。

覚えていないこと。

どこで知り合ったのか。
なぜ付き合うことになったのか。
なぜどうやって別れたのか。

そして、名前だ。

名前を忘れることはおれの中ではありえない。
いくら期間が短いとはいえ、お付き合いした人の名前を忘れるなんてことはない。(誕生日は忘れても…)

彼女に関するアイテムも一切ない。
6月だからおれの誕生日があった。お祝いをしてもらったのに、ないんだ。
しかも、何をもらったのか思い出せない。もらったのは覚えているし、どこの店に行ったのかも、覚えている。

なんなんだ、この記憶は。

考えたのが3つ。

1つめ。記憶の封印。
あまりにも辛い別れ(死別など)があったため潜在意識が記憶を封印している。
実際に死別は友人で経験しているしこの人じゃないからたぶん違う。

2つめ。夢か妄想。
夢で見たことを現実と勘違いしている説。
そして、そもそもそんな人は実在していなくておれが妄想で作り上げた彼女説。

これはないかなと思う。高校時代ならありえるかもしれないが、既に大学を卒業しているので、そこまで妄想をする時期ではない。
夢は、どうだろう。あり得るのかも知れないが自分の中では、ない。

3つめ。思い違い。
実在する人物だけれど、付き合ってはいなかった。だから何も残っていない。
それでも名前は覚えていそうなんだけど。まぁ、妄想に近い。

うーん。どれも当てはまりそうだし当てはまらなそうだ。

もしかしてオカルト系の時空の歪みとか別世界系なのか?!SF系か?!!
めっちゃこわいんやけどっ!!!

ちなみにこの話、オチがない。
あの子は、だれなんだろう。

今日も来てくれてありがとうございます。
単純に忘れている説、濃厚。だとしたら、最低。
ヤスでした。

恋愛テクニック, コミュニケーション, マインド, 男性向け, 女性向け

誰にでも好かれようとすると誰にも好かれない。

人は嫌われることを極端に恐れます。
好かれることより、嫌われることの恐れが強い。
もちろんおれもこわい。

「9人があなたを好きなのに、たった1人のめちゃくちゃ苦手な人が気になる」

おれがそうでした。
なんらかの集まりがあって、すっごい苦手な人が来ることを知った時、おれは行かない。98%くらいの確率で行かない。最初に「行く」って言っててもキャンセルするほうが多い。

みんな仲良く、がおれの中で無い。

おれのなかの「みんな仲良く」は自分の世界だけで通用するんです。

敵対はしない。これはとても心がけています。
いっしょにいるとイヤな気持ちになるのなら、自分がひく。

「あいつ来るんだったらおれ行かないから、あいつは呼ばないで」と主張してしまうと、ややこしくなるし、そんなことはしたくないから自ら消えます。

むかしはよく敵対してしまって、孤立したり孤立させたりしてしまいました。
これはいくら自分が苦手な相手だからって、その人は他の人にとって苦手じゃないんだからどちらにとっても楽しくならない。

でも、自分が楽しくならないと、人は楽しくさせられないから。
苦手な1人のために、好きな9人を犠牲にしたくはないのです。
自分最優先です。

向き合うことは大事。

苦手な人を克服すること、苦手な原因にきちんと向き合ってプラスな関係にすること。

そういう面もあるし、人間関係の本にもよく書いてある。
哲学者の言葉にもある。

しかし人生は意外と短い。チカラの出し惜しみなんてするとあっというまに終わってしまう。
それなら好きな人と精一杯過ごすのを選んだほうがいいじゃないか。

すばらしい考えは、これ。

自分に余裕があるときに苦手な人と向き合えばいい。
そうやって相手と接することで
どんな人が相手でも、頑丈な心を持つことが出来る。
頑丈な心で何を言われても何をされてもなんとも思わなくなる。

おぉーって思うんだけど、
裏返すと、
これが恋愛で「キライ」より恐れられる、無関心だ。

無関心とは、自分に何の影響も与えないこと。
つまり、自分の世界に入れないこと。

だからね、戻ると思うんだ。

それだったら、最初から「あー、この人苦手だ」って自分を認めちゃえばいい。
なんとかしようと無理に思わず、それでいいか!と受け入れる。
受け入れると「なーんだ。こんなことで悩んでたのか」って軽くなるから。

おれのモテるってのは誰にでもじゃない。

「自分が好きな人に、好きになってもらう」

今日も来てくれてありがとうございます。
闇(キライ)があると必ず光(好き)があります。
ここが夜でもあちらは朝だからね。
ヤスでした。