SNS時代のコミュテクニック

「受け取る」側から「発信する」側になっている人が多い。情報、スキル、エンターテインメント。Youtuberは人気だもんね。うちの子どもなんて「チャンネル登録よろしくね~」なんてごっこ遊びしてるんだもの。なんのチャンネルもってんねん!

自分が発信する時代。

表だってメディアに出なくてもみんな自分を発信したがってる。
これね、チャンスです。人に好かれるためのチャンス。
発信側じゃないよ。受け取る側。

みんながみんな、自分の話をし始めるとコミュニケーションが成り立たなくなる。でも人は聞いてほしいんだ。自分の状況だったり、やりたいことだったり、落ち込んでいる話だったりね。みんな「もっとわたしを見て!」ってなっている。

3秒でハッピーになる名言セラピー恋愛編の中でも書いたけど、「恋愛論を語るやつはモテない。恋愛論を聞くやつがモテるんです」。今の時代に合っているって思ってます。

だいたいね、みんな自分にしか興味がない。ないねぇ。
目の前にいる人は、あなたのことなんて興味がない。いやいやそれは言い過ぎだけど、それくらい思っておいたほうがいい。覚えておかないと自分の話ばっかり聞かせてしまうことになっちゃう。

お店で食事してて隣のテーブルから聞こえてくる話は、全員ボール投げっぱなしだったりするもんね。マウントの取り合い。ある意味コミュニケーションだからそれもいいんだろうけど、友達同士でも人気ある人って、話を聞いて笑顔でその話で盛り上げてくれる人でしょ。

おれは講演したら自分の話をするけど、うん、それは講演だからね!普段はだいたい聞き役です。例えば人と会ったあと、「今日は楽しかった~。また行こうね!ヤスとめっちゃしゃべったけど、結局ヤスのことって何も知らない!」という状況になることが多いです。

どうやったら笑顔になってもらえるか。笑いをふりまける人、笑いを取りにいける人、トークをまわすのが上手な人じゃないとムリ!って思っちゃいそうですが、それより聞き上手は笑顔にさせるのがめちゃくちゃうまい。

相手の話をね、すごい興味を持って聞く。トークの引き出しは自分のじゃなく相手のしゃべりたいことの引き出しをどんどん開けていく。それを見つけるために相手の話をちゃんと聞くんだよ。すごいなーおもしろいなーもっと聞きたい!って思ったり伝えたりすると、相手はどんどん笑顔になるからね。

むかしっからずーっと言われてるじゃない。褒め上手、聞き上手はモテるって。
そういうことね。
同性でも異性でも、恋人でもパートナーでも、これはいっしょ。

「じゃあ私は自分の話をしたいのに、我慢しろってことなの?!」

こういう考えにいっちゃう人は、まだわかってない。でも大丈夫。
おもしろいことにね、そうやって人に接していくじゃない。
そしたら相手も自分の話をしっかり聞いてくれたりするし、そうならなくても違う話を聞いてくれる人が現れたりするのよ。

だから、まずあなたからね。

今日も来てくれてありがとうございます。
あなたの話をもっと聞かせて?
ヤスでした。