無自覚に人を傷つける人

これは一番タチが悪い。
「悪気がないのが一番悪気がある」とはよく言ったもんで。
なにしろ、本人がわかっていないもんだから、本人が防ぐのが難しい。

自分で言うのもなんだけど、おれです。

相手に言われてはじめて気付く。
言わないままで我慢させてしまっている人も多いんだろう。

おれはいつもいつも自責の念でいっぱいです。

「なんであんなことを言ってしまったんだろう」

自分の言葉には気をつけている。
「つもり」なだけなんだろう。
気をつける。気をつけないといけない。

そして自分で悪いと思ったら素直にあやまる。
心から、謝罪する。

謝罪だけだと自己満足になる。
自分がスッキリしたいからという気持ちに受け取られる。
実際にそういう面もあるんだから。

相手のイヤな気持ちは拭えない。傷は癒えない。
それでも申し訳ない気持ちをもって、誠実に接する。

「私はそんな人間だから」と主張してしまうと、自分は何も変えようとする気がないし、誠意もない。私は変わらない。あなたが合わせろ・理解しろという主張になる。
結果、同じことを繰り返してしまう。

相手のことを考え、理解に努め、誠実に接する。
あたりまえのことなんだけど、あたりまえは難しい。

おれが常々「相手を徹底的に考える」っていうのも、そもそもが苦手だから。
ちゃんと意識して相手を考えると、うまくいくことが多いんだ。

「人が嫌がることはしてはいけません」

「お友達の良いところを探しましょう」

「イヤなことはイヤとはっきり伝えましょう」

「お友達には素直に謝りましょう」

小学校で習ったこと。
ここでも生きてくる。

小学校のとき、いじめ問題があった。
担任の先生が1人の生徒の足を踏み、

「痛いか?先生は全然痛くない。踏む方はどこも痛くない。
君たちは誰かの足を踏んでいないか?わざと踏んでいないか?無意識に踏んでいないか?
相手の痛みは本当のところわからないんだから、わかろうとする大人になってくれ」

と涙ながらに言ってくれた。

今日も来てくれてありがとうございます。
生徒の足を踏むなんて体罰だ!って今なら言われる世の中です。
ヤスでした。