伝えることはむずかしい。

人に何か伝えることはむずかしい。

言葉を直接対面して口で伝える。
言葉を文章にして伝える。

いずれにしても、とてもむずかしい。

なにがむずかしいかって、こちらが意図しないところへ受け取られるからだ。

たとえば「優しいだけじゃ男はダメ」ということを書いたとする。
する、って仮定の話っぽいけど、この前書いた。
この文章を「優しい男はダメだ」と受け取られることがある。そんなことは書いておらず、優しいだけではダメよ?って書いているのにだ。

直接対面して話すと、「あ、誤解されているな」とわかればフォローできるが、文章だけだとフォローできない。

誤解を招くような文章は有名人ならネットニュースに取り上げられ、本人が意図しない違った文章で拡散されるかもしれない。こわいこわい。

なるべく誤解のないように書くと、どうしても説明くさい文章になってしまう。自分で読んでいてもおもしろくない文章が出来上がる。

それだと何のために書いているのかわからない。
自分で読んでおもしろくないのなら、他人が読めばもっとおもしろくないはずだ。
なるべくおもしろくないことは書きたくない。なるべくじゃなく、書きたくない。

もちろん、文章は何か伝えたいことがあって書く。
でも読んでもらわないと何の意味もない。まず自分がおもしろいと思うことを書き、それに共感してくれる人がいればうれしくなる。
10人中、10人が喜んでくれる文章は誰にも書けません。1人いたら超ハッピーでしょう。

ちなみの今日の文章は「伝えることは思う以上にむずかしい」ということが言いたい。

1つの伝えたいことを軸にして文章にしていくと、自分では同じ軸で書いているつもりだが途中で脱線する。
脱線した話がメインになっていくと、何を伝えたいのか自分でもわからなくなる。実際、おれも何個かそんな記事はある。

カタチに残る文章でさえそうだ。

これがトークになるともっともっと脱線していくだろう。
居酒屋の会話なんて、出だしの話と終わりの話の共通点なんて何もないんじゃないか。

最初は「最近タピオカを見なくなった」から話が始まって、最後は「地球温暖化は本当だったのか」とまったく関係のない話にたどり着いたりする。

ね。話が違う方向に行くでしょ。
「伝えることは思う以上にむずかしい」を話しているはずなのに、「人の話題は移ろいゆく」という話に変わっている。
でも男って、話題が脱線したら話を元に戻そうとする人がいるよね。脱線した話で盛り上がってるのに。
わざわざ話を戻したのに、うまく展開できなくてつまんなくするのって、あれなに?

というわけで話題を戻そう。
人に何か伝えることはやっぱりむずかしい。

今日も来てくれてありがとうございます。
むずかしいことを伝えるのも、むずかしい。
ヤスでした。