サービス(S)で満足(M)させる

2020年2月29日

引き続き『モテるライティング講座』の内容を編集しています。

前回の講座をもっと深く丁寧に伝わるように練っております。基礎編の中で加えているのがコレ。

「なぜ?」

なぜ?がわかりやすい・惹きつける文章のポイントの1つです。なぜ?を問い続けると自分が書く文章が一気に読みやすく、わかりやすくなります。

普段の何気ないSNSの文章でも使えます。どういうことかというと、すんなり終わってしまっている文です。

楽しかった! ←なぜ?

また行きたい! ←なぜ?

とてもタメになる話を聞けました! ←なぜ?

ぜひお越しください。 ←なぜ?

この「なぜ?」に答える文を書き、そこからまたなぜ?と問いかけ続けます。

楽しかった! ←なぜ?

久々に友達と会えたから楽しかった! ←なぜ?

久々に会う友達とお互いの今とこれからのことをじっくり話せて楽しかった!

余計だな・しつこいなと自分が思う文なら最後に削ればいいから。
講演や講座の内容だとオープンにしちゃまずいこともあるけれど、感想だけなら理由は書けます。

なんで私はそう思うんだろう?と自分の文章にちょっと付け加えてあげると、読み手にとってわかりやすくなります。

サービス精神の文章ですね。サービス(S)して満足(M)させることができるか。「SMの法則」です。(名言セラピーのようこちゃんが恋愛話でよく言っていました。そっちの意味じゃないよ?)

相手のことなんてわからないけど、わからないなりに精一杯、できるだけ相手のことを考えます。 「わかりにくい文章かなあ」 と自分が思えば伝わっていませんし、伝わりません。

読んでくれる人へのサービス精神で補足を書くことが、よく言われる「読み手を意識して書く」です。

ちなみに私は、Sです。